ここから本文です

【オールカマー・血統調査】クレッシェンドラヴ まだ伸びシロ期待できるぞ!

9/19(木) 21:56配信

東スポWeb

【オールカマー(日曜=22日、中山芝外2200メートル=1着馬に天皇賞・秋優先出走権)血統調査】登録馬10頭中4頭がステイゴールド産駒となった今年のオールカマー。実績では重賞6勝のウインブライトには遠く及ばないものの、クレッシェンドラヴは福島民報杯に続き、七夕賞でも2着と好走。ここにきて力をつけてきており、5勝中4勝を挙げている得意の中山で重賞初制覇を狙う。

 母のハイアーラヴ(父サドラーズウェルズ)は愛国産で英1勝。現地に残してきた産駒アライヴアライヴオーは愛GIIIダンスディザインSで3着している。祖母ダラーバードは英1勝。曽祖母ハイスピリッティドは英2勝で、子孫には英1000ギニーのヴァージニアウォーターズ、愛メイトロンSのチャチャメイディーの2頭のGI馬が出たほか、多くの活躍馬が出ている。

 さらに4代母サンビターンは伊GIローマ賞など重賞を4勝し、1983年のジャパンCでは1番人気(13着)となったハイホークを産んだほか、牝駒セリーマ、ハイターンから、それぞれ加GIロスマンズインターナショナルのインファミー、英ダービー馬で99年のジャパンCではスペシャルウィークの3着となったハイライズが出ており、名牝系の祖となっている。

 またハイホークは繁殖としても優秀で、BCターフなど英仏米でGIを勝ったインザウイングス、輸入種牡馬のハンティングホークなどを輩出した。

 ステイゴールド×サドラーズウェルズという配合に加え、名牝アルマームード5×5のクロスを持つクレッシェンドラヴ。伸びシロはまだまだ期待できる。

最終更新:9/19(木) 21:58
東スポWeb

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事