ここから本文です

JBA劇団の旗揚げ公演「主観的凡人の望み」に財前優一・大島海が意気込み

9/19(木) 17:12配信

ステージナタリー

ジュノン・スーパーボーイ・アナザーズの新プロジェクト・JUNON SUPERBOY ARTISTS劇団の旗揚げ公演が、本日9月19日に東京・ひつじ座で開幕する。

【写真】財前優一(メディアギャラリー他5件)

このたび上演される「主観的凡人の望み」は、いずれも出演者である財前優一と市川大貴が脚本を担当し、市川が演出を務める作品。劇中では、マンガ喫茶で働く24歳の劇団員・大山悠真と、彼を取り巻く個性豊かな登場人物によるヒューマンコメディーが展開する。根拠のない自信に突き動かされて生きてきた悠真は、これまでは探さなくても見えていた”自分の道”を見失い……。

開幕に際し財前は、「客観的に見たら些細な悩みでも、当人からすると凄い深刻なことって沢山あると思います。そんな時1歩前に進む勇気を貰える作品です」と本作を紹介。主演を務める大島は、「大山悠真という人物が様々な葛藤の中で自分の在り方を見つけ、個性豊かな人物と出会い多種多様な心の交流を描くヒューマンコメディーです。皆さん是非お楽しみ下さい」と観客にメッセージを送っている。上演時間は約1時間30分を予定。公演は9月23日まで。

※初出時、タイトルに誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

■ 財前優一コメント
「主観的凡人の望み」というタイトル通り、主人公が主観的に見た日常のお話です。客観的に見たら些細な悩みでも、当人からすると凄い深刻なことって沢山あると思います。そんな時1歩前に進む勇気を貰える作品です。

■ 大島海コメント
今回、初主演を務めさせていただく大山悠真役の大島海です。
大山悠真という人物が様々な葛藤の中で自分の在り方を見つけ、個性豊かな人物と出会い多種多様な心の交流を描くヒューマンコメディーです。皆さん是非お楽しみ下さい。

■ JUNON SUPERBOY ARTISTS劇団 旗揚げ公演「主観的凡人の望み」
2019年9月19日(木)~23日(月・祝)
東京都 ひつじ座

脚本:財前優一、市川大貴
演出:市川大貴
出演:大島海、若菜元貴、財前優一、長田真英、河野晴日、藤田由美子、作田慎吾、真理緒、市川大貴、若松春奈(Wキャスト)、松浦康太(Wキャスト)

最終更新:9/19(木) 17:42
ステージナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事