ここから本文です

広島悪夢の継投失敗 7点差守れず…床田はベンチでグラブ投げつけ自らに怒り

9/19(木) 20:15配信

デイリースポーツ

 「DeNA-広島」(19日、横浜スタジアム)

 広島・床田寛樹投手は8勝目と規定投球回の到達を逃した。7点リードの六回1死一、二塁から5番ソトに41号3ランを被弾。さらに連打を食らい、無念の降板を告げられた。

【写真】梶谷の満塁弾で同点に DeNAベンチはお祭り騒ぎ

 床田は初の規定投球回到達まで、この試合前であと9イニングに迫っていた。ベンチに戻ると、自らに怒りを示すようにグローブを投げつけ、悔しさを抑えきれなかった。

 2番手にこの日から中継ぎ待機していた九里が上がったが、中井に四球を与えると、代打梶谷に右翼席へ満塁本塁打を浴びた。悪夢の継投失敗で試合は振り出しに戻った。

最終更新:9/19(木) 23:10
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事