ここから本文です

【ディズニー報知】TDL「美女と野獣」エリアなど大規模開発は、来年4月15日オープンに決定…総投資額約750億円

9/19(木) 17:35配信

スポーツ報知

 東京ディズニーランド(TDL、千葉・浦安市)を運営するオリエンタルランド(OLC)は19日、TDLの大規模開発となる“ニューファンタジーランド”を2020年4月15日にグランドオープンすることを決定したことを発表した。

 TDLファンタジーランドを拡張して誕生するエリア“ニューファンタジーランド”は、大型アトラクション「美女と野獣“魔法のものがたり”」や屋内シアター「ファンタジーランド・フォレストシアター」などで構成される。さらに、トゥモローランドに新アトラクション「ベイマックスのハッピーライド」、トゥーンタウンにも新施設が同時にオープンする。いずれもこれまで2020年春開業とされてきたが、正式な日付が開業記念日の4月15日に決まった。

 今回の大規模開発は、“ニューファンタジーランド”にできるディズニー映画「美女と野獣」をテーマにしたエリアには、ベルが住む村の入口にベルの父モーリスの家「モーリスのコテージ」(ファストパス発券所)、その先にはガストンの噴水やレストラン、ショップなどが並び、ゲストはまるで映画の中に入り込んだような感覚になるという。

 そして森の方へ進むと美女と野獣の城がそびえ立ち、その中のアトラクション「美女と野獣“魔法のものがたり”」では、ゲストは映画の名曲に合わせて踊るように動くライドに乗り、音楽につつまれながら、ロマンティックなストーリーに沿って名シーンをめぐることができる。映画「美女と野獣」をテーマにしたエリアを抜けて、さらに森の奥へと進むと、TDL初となる本格的な屋内シアター「ファンタジーランド・フォレストシアター」にたどり着き、そこではミッキーマウスをはじめとするディズニーのキャラクターたちがライブパフォーマンスを披露する。

 また、トゥモローランドには、ベイマックスが見守るなか“ケア・ロボット”が引っ張るライドに乗って予測不能な動きを楽しむアトラクション「ベイマックスのハッピーライド」や、ポップコーン専門ショップなどが、トゥーンタウンにはファッションデザイナーとして活躍するミニーマウスと会えるキャラクターグリーティング施設「ミニーのスタイルスタジオ」がオープンする。

 2017年4月の工事着手から約3年、総投資額約750億円をかけたTDL史上最大の夢の開発が、いよいよ2020年4月15日に現実のものになる。

最終更新:9/19(木) 18:47
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事