ここから本文です

【オールカマー】5歳秋着実に上昇ミッキースワロー、馬なりでも軽快

9/20(金) 7:04配信

スポーツ報知

◆オールカマー追い切り(19日・美浦トレセン)

 七夕賞での約1年10か月ぶりの勝利で、勢いがついているのかもしれない。ミッキースワローは美浦・Wコースで5ハロンから、10馬身ほど前を行く2頭を目標に単走でスタート。内めに進路を取って追い上げると、最後の直線では併せていた2頭を内からパスして、馬なりながら65秒1―12秒3で軽快に駆け抜けた。

 菊沢調教師は誘導した馬に騎乗して、ミッキースワローの走りをチェック。「ゴールした時の姿を見たら、気分良さそうでしたね。引き揚げてくる時も、ケロッとしていました」と頼もしそうだ。

 5歳の秋を迎えて、着実に上昇カーブを描いている。「馬体が徐々にしっかりしてきました」とトレーナー。さらに、「普段、余計なことをしなくなった。快適に過ごしています」と心身両面での成長を口にした。

 前走のあとは放牧に出されて疲れを取ってから立ち上げて元気いっぱい。「涼しくなって、いい方に向かっています」という。ウインブライト、レイデオロのG1馬2頭が出走する豪華版だが、「胸を借りるつもりで頑張ってほしい」。鞍上は前走に引き続き息子の菊沢一樹だ。「G1馬との対戦はいい経験になるんじゃないですかね」と父。愛馬の快走とともに、愛息の成長を願っていた。(春木 宏夫)

最終更新:9/21(土) 12:14
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事