ここから本文です

藤田和之、超虎を破りレジェンド王座奪取…試合後、船木誠勝が挑戦を表明…9・19リアルジャパン全成績

9/19(木) 21:54配信

スポーツ報知

◆リアルジャパンプロレス「ストロングスタイルVol.3」(19日、後楽園ホール)観衆1642人=満員

【写真】船木誠勝、リアルジャパンへの思いを激白「タイガーマスクに出会わなかったら今の自分はいない」

 初代タイガーマスクの佐山サトル(61)が主宰するリアルジャパンプロレス「ストロングスタイルVol.3」が19日、後楽園ホールで行われ、メインイベントのレジェンド選手権は、挑戦者の藤田和之(48)が王者スーパー・タイガーをチョークスリーパーからレフェリーストップを奪い、初挑戦でベルト獲得を果たした。

 試合は、序盤にタイガーのローキックに苦しんだが、ニークラッシャー、膝十字と敵の左膝を徹底的に狙い攻勢に出ると、場外戦では、セコンドに付いたNOSAWA論外、鈴木秀樹のサポートを得て試合を支配した。

 最後は、スタンディングでチョークスリーパーで絞め上げレフェリーストップを奪い、同王座初挑戦でベルト奪取に成功した。試合後、藤田はマイクを持ち「次の虎は、誰だ」と叫ぶと、船木誠勝(50)がリングインし挑戦を表明。両者は、にらみ合いを展開し、初防衛で船木が挑戦することが確実になった。

 ◆9・19後楽園大会の全成績は、以下の通り。

 ▼メインイベント レジェンド選手権試合60分1本勝負
 〇挑戦者・藤田和之(13分32秒、チョークスリーパー→レフェリーストップ)●王者・スーパー・タイガー

 ▼セミファイナルタッグマッチ30分1本勝負
 〇船木誠勝、関根“シュレック”秀樹(13分35秒、ハイブリッドブラスター→片エビ固め)タカ・クノウ、●ロッキー川村

 ▼特別試合30分1本勝負
 アレクサンダー大塚(7分1秒、両者反則負け)竹田誠志

 ▼UWAアジアパシフィック選手権30分1本勝負
 〇挑戦者・将軍岡本(11分17秒、DDT→体固め)●王者・岩崎孝樹

 ▼タッグマッチ30分1本勝負
 〇崔領二、倉島信行(13分38秒、赤川鉄橋→片エビ固め)“ゴールデンロッカーズ”雷神矢口、●山本SAN

 ▼タッグマッチ30分1本勝負
 〇日高郁人、間下隼人(10分02秒、ショーンキャプチャー)●ブラック・タイガー、ドリュー・パーカー

最終更新:9/20(金) 15:23
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事