ここから本文です

フランス実写版『シティーハンター』冴羽リョウの吹替は山寺宏一 アニメ声優・神谷明も太鼓判

9/19(木) 18:00配信

オリコン

 北条司氏の不朽の名作漫画『シティーハンター』をフランスで実写映画化した『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』(11月29日公開)の主人公・冴羽リョウの日本語版吹替を山寺宏一、槇村香を沢城みゆきが担当することが、19日発表になった。1987年にスタートしたアニメ版では、リョウを神谷明、香を伊倉一恵が長年務めているが、神谷は「『山ちゃん頼むよ』とお願いしました。僕が太鼓判を押します」と山寺の背中を後押ししている。

【写真】今年2月の舞台あいさつで満面の笑みを見せた神谷明

 同作は、フランスで『NICKY LARSON(ニッキー・ラーソン)』のタイトルで今年2月6日に公開されると、2週間で観客動員数168万人を記録するなど、社会現象にもなった。コメディー映画『世界の果てまでヒャッハー!』(16年)のメガホンをとったフィリップ・ラショーが、リョウを演じ、本作でも監督を務めている。“100トンハンマー”でもおなじみのリョウの相棒・香をエロディ・フォンタンが演じている。

 吹替制作にあたり、最初は神谷のもとにオファーが届くも、実写作品のリョウであることから、神谷が辞退。その後、2月に公開された『劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>』で、IT企業経営者・御国真司役を務めた山寺に白羽の矢が立つ。山寺も本気で悩み「神谷さんがやるべきです! ファンはそれを待っていますよ! 絶対僕はできません」と神谷に伝えたことを明かすが、神谷は「今回、自分は違う役で出るから、冴羽リョウは山ちゃんに任せた!」と後押し。

 この言葉に山寺は「アニメシリーズの現場で神谷さんが演じているのをそばで見てきました。とにかく憧れて、収録後、家に帰って神谷さんが演じるリョウの真似をしていたほど。他の人がやるなら…とご依頼を受けました」と決断に至った理由を話してくれた。

 そのほか、“海坊主”ことファルコン役を玄田哲章、香の兄・槇村秀幸役を田中秀幸、野上冴子役を一龍斎春水と、アニメシリーズの声優陣が、実写版でも同じキャラクターを担当。さらに、浪川大輔、多田野曜平、土師孝也、恒松あゆみ、三上哲らも出演し、神谷明と伊倉一恵もスペシャルゲストとして何かの役で登場することも発表になった。

1/2ページ

最終更新:9/25(水) 13:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事