ここから本文です

台風の卵 沖縄の南を西進中 海上は大しけに

9/19(木) 13:33配信

tenki.jp

沖縄の南にある熱帯低気圧は今後24時間以内に台風になる予想です。沖縄地方では次第に波が高くなり、風が強まるため、早めの台風対策が必要です。

熱帯低気圧 台風に発達する予想

きょう(19日)午前9時現在、沖縄の南にある熱帯低気圧は、今後台風に発達し、沖縄地方に接近する予想となっています。熱帯低気圧は西北西へゆっくり進んでいて、あす(20日)の午前9時には、宮古島の南東約290キロの位置まで進む見通しです。

沖縄地方は高波に警戒

熱帯低気圧が接近している沖縄地方では、影響が出始めています。警戒が必要なのは高波です。予想される波の高さは、きょうは4メートルで、あすは5メートル~6メートルとなっていて、沖縄本島地方と大東島地方では大しけとなる予想です。また、暴風・強風にも警戒・注意が必要です。熱帯低気圧・台風の動向によっては大雨となるおそれがあるため注意が必要です。今後の台風情報にご注意ください。

日本気象協会 本社 田中 正史

最終更新:9/19(木) 13:33
tenki.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事