ここから本文です

レギュラーツアーで奮闘中!丹萌乃と林菜乃子がラウンジトーク

9/19(木) 12:22配信

ゴルフネットワーク

 女子プロゴルファーの丹萌乃と林菜乃子が、CS放送ゴルフネットワークで9月放送中の「ゴルフ真剣勝負 the MATCH~丹萌乃 vs 林菜乃子~」のなかで、クラブを置いてラウンジトーク。「丹」という珍しい名字での苦労話から、林菜乃子の師匠・芹澤信雄との出会いなどざっくばらんに話してもらいました。

【写真】丹萌乃と林菜乃子が真剣勝負

「たんもえの」が「まんもさんぐ?」珍しい名字あるある

林 「丹(たん)」という名字、珍しいですよね。あまり聞いたことがない。

丹 そうだよね。ただ、私は愛媛県西条市の出身なんだけど、私の家の周りは丹性が多くて(西条市に約800人※ゴルフネットワーク調べ)、隣の家の郵便物が間違って届いたりするんだよね。

林 珍しい名前を持つというのはどうなんですか? 何かいいことあります?

丹 嫌なことのほうが多いかな(笑)。最も嫌なのは、電話で名字を聞き取ってもらえないこと。「伊勢丹の『丹』です」と言っても、「丹野さん?」とか言われたりして。凄く不便なんだよね。この前なんか、友だちが練習ラウンドの予約をしてくれたんだけど、当日、指定された時間のところを見たら、平仮名で「まんもさんぐ?」って(笑)。わざわざ「?」付きで書かれてあって(笑)。「たんもえの」がなんでそんな風になっちゃうのか。

林 聞き取りにくい名前ってありますよね。私と同級生のスタイヤーノ梨々菜も、電話では自分の名前が通じないことが多いから、店の予約をするときはお母さんの旧姓の「佐藤」で予約するって言ってましたもん。

丹 あと、いじられることも多かったんだよね。中学の時は、理科の実験で炭酸をつかうときは必ず私がやらされていた。

林 いじりだったら、私も「ハヤシライス」って言われてましたけど(笑)。

丹 林は一般的だけど、「菜乃子」は珍しいよね。何か由来みたいなものはあるの?

林 母の話では、私を産むときつわりが酷くて寝込むことが多かったらしく、その時、ふと庭を見たらレンガの隙間から一輪の菜の花が力強く咲いていたんですって。それで「菜の花」と「子」を組み合わせて「菜乃子」にしたと聞きました。

丹 お母さんの願い通り、強い子になったんだね。

林 まあ、期待通りではあったんですけど、最近、「女の子にしては気が強すぎる」ということになって、「もう少し優しい名前にしておけば良かった」なんてことも言われています(笑)。

1/3ページ

最終更新:9/19(木) 12:22
ゴルフネットワーク

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事