ここから本文です

Nulbarich・JQによる「シンセサイザーに注目してほしい曲」4選!

9/19(木) 12:22配信

J-WAVE NEWS

J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』(ナビゲーター:あっこゴリラ)。「SONAR'S ROOM」のコーナーでは、月曜から木曜まで日替わりのアーティストが、今の自分たちの音楽に影響を与えたカルチャーについて語る。9月16日(月・祝)のオンエアでは、月曜担当のNulbarich・JQが登場。「楽器に注目して音楽を聴いてみよう!~シンセサイザー編~」をテーマに語った。

シンセサイザーのデジタル音が特徴的な曲や名器を使った曲など、計4曲をJQが紹介した。

Donna Summer『I Feel Love』

JQ:これはリリースが1977年。ちょうどディスコなどが流行っていたときですかね。こちらは「Moog(モーグ)」というシンセサイザーで、シーケンスが組まれた楽曲になります。宇宙っぽいイメージを僕は受けました。これは名曲中の名曲です。昔のシーケンスって今と比べるとあまりいろいろなことができないので、わりとこういうループなどでちょっとした変化をつけて曲を作っていくものが多かったのかなというイメージです。

Depeche Mode『Just Can't Get Enough』

JQ:イングランド出身のバンドです。シンセサイザー系の音でポップス業界を揺るがした、当時は革命的だったと言われているバンドです。シンセサイザーと言われて、パッと出てきたのが、このバンドでした。デジタルロックバンドというんですか。

Chromeo『Outta Sight』

JQ:Chromeoは、僕がヒップホップを聴きながらトラックメーカーとして家で虎視眈々と曲を作っていたときに、ちょうどエレクトロやジャスティスなどが流行っていて、一応ちょっとチェックしてみようかなという中に、リミックスでChromeoが入っているものがありました。『Outta Sight』は2007年の曲なので、全然古い曲じゃないんです。TALKBOX(エフェクター)の人とギター弾きのボーカルがいて、昔の曲調がそのままビットレートが上がってクリアになって再現されているという。度肝を抜かれたグループです。

1/2ページ

最終更新:9/19(木) 12:22
J-WAVE NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事