ここから本文です

東大院生のスパイス料理研究家・印度カリー子さんに3種類のスパイスだけで作る「スパイスカレー」を教わった

9/19(木) 18:36配信

メシ通

たった3種類のスパイスで、憧れの「スパイスカレー」が自宅で作れる

今年も暑い日が続いたせいで、なんだか食欲も失せ気味じゃありませんか?
そんなとき、スパイシーな香りが食欲をそそるカレーなら、ちょっぴり食べる気力も湧きそうなもの。
でも、煮込んでいる間のキッチンの暑さも耐え難いですよね。
そこでおすすめしたいのが、ルーではなくスパイスから作るカレー。
え? むしろ面倒くさいんじゃないかって?
実は私もそう思って敬遠していたのですが、なんと超初心者でも短時間で本格スパイスカレーが作れちゃうそうなんです。

「京大カレー部」のカレーはスパイス度も偏差値も高めだった

でもでも、スパイスを揃えるの大変じゃない? ものすごい辛いんじゃないの?
なんて疑問もむくむく湧いてきます。
そこで、スパイス専門のショップサイト「印度カリー子のスパイスショップ」で、スパイスカレー初心者のための調味料を販売する印度カリー子さんに、スパイス選びから作り方まで、アレコレお聞きしてみることにしました。

東大院生の才女・印度カリー子さん

それにしても、印度カリー子さんっていったいどんな女性なのか気になりますよね。
そこでまずはご自身についてうかがってみることにしました。

──はじめまして。いきなりですが、そもそも印度カリー子さんって何者なのでしょうか?

印度カリー子さん(以下・カリー子):スパイスからインドカレーがかんたんに作れるということを広める活動をしているスパイス料理研究家の学生です。
初心者のためのスパイスショップサイトをはじめ、レシピ本の執筆やイベント運営、企業やレストランなどとコラボレーションしたレシピやスパイス、調理器具の開発など、幅広く活動をしています。同時に現在は東京大学の大学院生として、肥満症とスパイスの関係についての研究もしています。

──東大院生でもあり、印度カリー子でもある、と。スパイスの研究もされているんですね。

カリー子:はい。スパイスカレーってすごくかんたんで誰でも美味しく作れるのに、全然普及していないんですよね。どうしてだろうって考えたとき、スパイスが購入しづらいことと、わかりやすいレシピがないという2つに尽きると思ったんです。

──たしかに、ちょっととっつきづらいイメージはあるかもしれません。

カリー子:それで、もっとみんながスパイスを買いやすい環境を作るためにショップサイトを起ち上げ、レシピ本も書こうとなったのですが、本名だと、あとから「誰のレシピだったっけ?」って思い出せないこともあるかなと思って。それで、インパクトがあって記憶に残りやすい「印度カリー子」という名前にしてみたんです。

1/6ページ

最終更新:9/19(木) 18:51
メシ通

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事