ここから本文です

【MLB】カージナルスがシャーザー撃破 地区優勝へ大きな1勝

9/19(木) 14:40配信

MLB.jp

【ナショナルズ1-5カージナルス】@ブッシュ・スタジアム

 ナ・リーグ中部地区の首位に立つカージナルスが、4年ぶりのポストシーズン進出に向けて大きな1勝を手に入れた。球界屈指の好投手、マックス・シャーザーと対戦したカージナルスは、3回裏にトミー・エドマンの10号ソロで先制すると、7回表終了時点で2対1と1点をリード。7回裏にはエドマンのタイムリーと代打マット・ウィータースの11号2ランで貴重な3点を追加し、シャーザーをマウンドから引きずり下ろした。カージナルス先発のアダム・ウェインライトは、7回1失点(自責点0)の好投で今季13勝目(9敗)。8回表二死一・二塁の場面で4番手として登板したカルロス・マルティネスが、今季21セーブ目をマークした。一方、敗れたナショナルズは、シャーザーが11個の三振を奪いながらも、7回途中5失点で今季7敗目(10勝)。打線も9安打1得点と思うように繋がらなかった。

 エドマンの一発で先制したカージナルスは、5回裏に一死三塁のチャンスを迎え、ポール・デヨングのピッチャーゴロの間に1点を追加。7回表にトレイ・ターナーのタイムリー二塁打で1点を返されたものの、直後の7回裏に二死からデヨングの二塁打でチャンスを作り、エドマンのタイムリーとウェインライトの代打で登場したウィータースの11号2ランで貴重な追加点を奪ってシャーザー相手の勝利を決定付けた。難敵を攻略したカージナルスは、本拠地でのナショナルズ3連戦に2勝1敗で勝ち越し。2位タイのカブスとブリュワーズがともに下位球団に敗れたため、2位に3ゲーム差をつけた状態で明日からのカブス4連戦を迎えることになった。

最終更新:9/19(木) 15:06
MLB.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事