ここから本文です

新米記者が見つけた! 10万円アンダーのユニーク腕時計、第16回 8つもの異なる表情を持つ“Tendence(テンデンス)”

9/19(木) 20:35配信

ウオッチライフニュース

新米女性編集者の松本由紀が、ユーザーの方と同じ第3者の目線で、“ちょっと変わった面白い腕時計”を毎週紹介!

 今週紹介するユニークウオッチは、スイスの時計ブランド“Tendence(テンデンス)”。テンデンスは有名漫画やプロ野球球団、バスケットボールチームとコラボレートするなど、今話題のブランドだ。今回はテンデンスの数あるコレクションのなかから、私が気に入った“FLASH(フラッシュ)”コレクションを紹介しようと思う。はじめにブランドの紹介から説明していこう。

》時計業界からも注目を集めるテンデンス

 テンデンスは2007年にスイスにて誕生し、イタリアデザインとスイスの時計製造技術が融合した、オリジナリティーあふれる時計を発信し続けているウオッチブランドだ。現在世界50カ国以上でアイテムを展開しており、その大胆な文字盤デザインとインパクトのあるケースサイズは一瞬見ただけで忘れられないスタイルを生み出している。

》迫力のある文字盤が魅力的

 テンデンスの特徴のひとつとしてダイナミックな文字盤のデザインがある。正面から見ると普通の時計のように見えるが、実際は上の写真のような構造に。文字盤の中央部が凹み、すり鉢状のアワーリングからインデックスが飛び出しているのだ。テンデンスの時計は、全てこの立体的な文字盤デザインを採用しており、一目でテンデンスとわかる個性的なスタイリングをしているのだ。

 また、こちらのモデルは3時位置にポインターデイト(針で日付けを表示)、9時位置に曜日表示のインダイアルレイアウトされ、それぞれ目盛りが真ん中に向かって吸い込まれていくような見た目になっているのもポイント。すり鉢状のデザインを生かした遊び心を感じさせるデザインが面白い。

 そして、文字盤だけでなくケースサイズも個性的。なんと直径50mmもあり、平均的なケースサイズと比べて格段に大きめに設計されている。このケースサイズには、テンデンスのコンセプトである“人生を豊かに”という想いが込められており、圧倒的な存在感を放つオーバーサイズのモデルで、ブランドの信念を象徴しているのだ。

1/2ページ

最終更新:9/19(木) 20:35
ウオッチライフニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事