ここから本文です

2020東京大会でのメダルラッシュも夢じゃない バドミントン日本選手の活躍に注目

9/19(木) 10:40配信

みんなの2020

世界選手権で頭角をあらわした日本選手たち

近年、バドミントン日本代表の好成績が目立っている。8月にスイスで行われた世界選手権では、男子シングルスの桃田賢斗(NTT東日本)と、女子ダブルスの松本麻佑、永原和可那(北都銀行)がともに日本勢初となる2連覇を達成。両種目は、2020年東京五輪でも金メダルの有力候補だ。日本は、前回の2016年リオ五輪で金1個、銅1個のメダルを獲得しているが、東京五輪でより良い成績を挙げる可能性は、かなり高い。知っておくべきバドミントン日本代表の現状を伝える。

メダルを量産する強さを身につけた日本

桃田を止められる者は存在せず、女子ダブルスは日本勢同士が世界一を争う時代がやって来た。8月の世界選手権で金2個、銀3個、銅1個。3位決定戦がないとはいえ、全5種目でメダルを獲得したバドミントン日本代表は、お家芸のようにメダルを量産できる強さを身につけた。近年の飛躍ぶりは、目覚ましい。バドミントンと言えば、2012年ロンドン五輪までは、隣の中国がメダルを量産する競技だった。韓国や東南アジア勢も強く、日本は女子ダブルスだけがメダル争いに食い込むレベルだった。ところが、前回大会では女子ダブルスの高橋礼華、松友美佐紀(日本ユニシス)がついに日本勢初の金メダルを獲得。奥原希望(太陽ホールディングス)も、シングルス種目で日本勢初となる銅メダル。初めて複数のメダルを手に入れた。2020年東京五輪では、さらに大きな前進が見込める。

出場停止処分から復帰し代表に返り咲いた桃田 約9割の勝率を可能にする力とは

世界選手権の最終日、その期待感の大きさが形になって表れた。サッカーや野球でも民放の生中継はあまり見かけない時代に、テレビ朝日はプライムタイムに男子シングルス決勝を生中継したのだ。
桃田は、決勝戦でデンマーク選手を圧倒。2-0(21-9、21-3)の圧勝でその期待に応えてみせた。大会中、全6試合を通してゲーム取得率100パーセント、ポイント取得率でも67.7パーセント(ラリーの7割近くが桃田のポイントになったということになる)と驚異的な強さを見せつけた。
バドミントン日本代表にとって、桃田の存在は2016年リオ五輪以前との最も大きな違いと言える。桃田は前回の五輪も当時世界ランク2位の金メダル候補だったが、16年4月に違法賭博店の利用が発覚したため出場停止処分を受け、自身初の五輪出場はならなかった。自身の行いを省みる時期を経て、翌17年7月に処分から復帰するも社会的制裁を受け「どうしたら怒られないのかばかりを考えていた」とあらゆることに怯えていた。競技生活に戻ったばかりの頃は、他の日本選手にも負けるほど試合勘を失っていたが、昨年からは日本代表に返り咲き、国際大会で圧倒的な好成績を収めている。昨年は、国際大会(団体戦を含む)で82戦して74勝8敗。90%を超える勝率を記録。昨年に比べて1年の前半期の出場大会のレベルが高くなっている今年も40勝5敗(いずれも棄権は含まない)で88%以上の勝利を誇っている。

1/4ページ

最終更新:9/19(木) 10:40
みんなの2020

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事