ここから本文です

【話題】大人の♪なコモノ4選。エルメス、サンローラン、バーバリー、ディースクエアード

9/19(木) 7:02配信

LEON.JP

音楽を感じるコモノもメゾンものなら大人な感じ!?

古くは1950年代。エルヴィス・プレスリーが、ミュージシャンとしてだけでなくファッションアイコンとしても支持されました。1970年代にはデビッド・ボウイがジェンダーを超越した独特なファッションで、あらゆる常識をブレイク。そして1980年代には、MTVの登場により音楽とファッションのシンクロが、絶対的なものとなりました。

つまり、お洒落への興味は音楽への興味と共にあるってこと。というわけで、音楽を感じるファッションアイテムはお洒落な大人にとっても必須なわけです。が、コーディネートで音楽するのはちょい難易度が高いのも確か。そこで、オススメがこんなコモノでさらりと音楽エッセンスを取り入れる方法。しかもメゾンの逸品なら大人のクオリティも保ちつつ、ミュージックな感じ、ができちゃうってわけです。

70sなバンドをよく見れば・・・アレになってます/「エルメス」

ふわりとしたエアリータッチが、いかにも上質なカシミア×シルクのカレH 140。ベルボトムジーンズを履いたバンドマンやツアーバスといった、まるでウッドストックを想起させる絵柄はエリアス・カフーロスによるもの。

その独特な構成や色使いと共に、バンドマンやオーディエンスがすべて馬というユニークさも見どころです。

このポップさが、大人のギャップにちょうどいい/「サンローラン」

80年代な香りが漂う、ナイロン製のベルクロウォレット。このポップで軽快なところが、大人の遊び心として最適です。ペールトーンのピンクに描かれるのは、当時流行したラジカセ。

ラジカセといえば、オールドスクール・ヒップホップの象徴的なアイテムだけに、大人の遊び心が香る逸品です。

90sの英国ストリートのリアルな空気感/「バーバリー」

ナイロン製の本体にプリントされる、モノクロームのフォトプリント。見れば、ストリートなポロシャツからライダース、ドレッシーなジレを着こなす人々が写っています。

プリントされたレトロなテープライター風のタイポロゴと合わせ、1990年代の英国を舞台にしたこちらは、当時行なわれたレイブパーティをモチーフにしたもの。この懐かしさ、カラーで見てみたくなりますよね。

メタル好きにとって、このフォントは王道/「ディースクエアード」

メタリカやスレイヤー、アイアンメイデンといった、80年代のメタルバンドのロゴを想起させるシンボリックなデザイン。とにかくインパクトあるド派手カラーリングも、メタル感をアピールします。

今シーズン、Tシャツなどにも多数登用される同モチーフをデザインしたiPhoneケースは、レザー張りという点もポイントです。

※掲載商品はすべて税抜き価格です

写真/蜂谷哲実(hachiya studio) スタイリング/小野塚雅之 文/安岡将文

最終更新:9/19(木) 7:02
LEON.JP

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事