ここから本文です

元アルゼンチン代表のリケルメ、スーペルクラシコ&レアル撃破の過去を回想

9/19(木) 6:50配信

SPORT.es

アルゼンチンのTV番組『TyC Sports』のインタビューで元アルゼンチン代表のフアン・ロマン・リケルメは、10月に行われる古巣のボカ・ジュニアーズ対リーベル・プレートとのコパ・リベルタドーレス杯の準決勝について言及している。

バルサ歴代“10”は誰だ?


「僕にとっては復讐ではない。僕がプレーするわけではないし、過去に(コパ・リベルタドーレス杯)制覇している。僕が出場した時には大会を制し、その後レアル・マドリーも破っている」とコメントを残した。


同コメントは2000年の話であり、ボカが準々決勝でリーベルを破り、その後トヨタカップ(クラブワールドカップ)でレアル・マドリーを破ったことについて言及している。


フアン・ロマン・リケルメはボカ・ジュニアーズを世界王者へと導き、南米で最も多くのタイトルを獲得した選手の一人である。
この事が評価され、リケルメはその後バルセロナやビジャレアルでプレーすることとなった。

最終更新:9/19(木) 6:50
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事