ここから本文です

【映像】元気を取り戻して故郷に帰る NZから豪まで泳いだペンギン

9/19(木) 18:12配信

アフロ

 今年の7月、本来の生息地であるニュージーランドから2500キロの距離を泳いでオーストラリアに到着したところを発見されたキマユペンギンが9月17日、約3カ月のリハビリを終えて海に戻された。
 このペンギンは7月、ニュージーランドからタスマニア海を泳いで渡り、オーストラリア南東部ビクトリア州の海辺の町ケネット・リバーで、衰弱しきった状態で発見された。
 メルボルン動物園に搬送されたペンギンは、健康状態をチェックされ、リハビリが始まった。
 それから約3カ月。すっかり元気を取り戻したペンギンは、再びスマニア海に戻されたが、動物園の関係者は無事にニュージーランドに辿り着くことを祈っている。
 キマユペンギンはニュージーランド固有の種で、マオリ族の神に由来するといわれている。ニューニーランドの種の保全状況を評価するシステムで、「中期的に絶滅する危機に面している種」に指定されている。

(オーストラリア、メルボルン、9月19日、映像:Melbourne Zoo via Storyful/アフロ)

最終更新:9/19(木) 18:12
アフロ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事