ここから本文です

【TVアニメシリーズ振り返り】『SHIROBAKO』第12話あらすじを紹介

9/19(木) 12:11配信

超!アニメディア

 2020年春に劇場版が公開されることが発表されたオリジナルアニメーション『SHIROBAKO』。2019年7月4日よりTOKYO MXにてTVシリーズの再放送もスタートした。

TVアニメ『SHIROBAKO』第12話場面カットを紹介

 第12話「えくそだす・クリスマス」では、必死の思いで菅野のもとに赴いたあおい。だがそこで彼女は、自分が菅野のことをほとんど知らないままに、原画を依頼していた失礼に思い至る。謝罪する彼女に、菅野はひとつアドバイスを送った。翌日、武蔵野アニメーションで最終話について会議が行われることに。ナベPは監督にクライマックスであっても、もはや労力のかかるカットはできないと断言。コンテの変更を要求する。

 TVアニメ『SHIROBAKO』は5人の夢追う女の子を中心に、シロバコの完成を目指し奮闘するアニメ業界にスポットを当て、日々起こるトラブルや、クリエイティブな仕事ゆえに起こる葛藤や挫折、集団で作るからこそ起こる結束や衝突といったアニメ業界の日常を描いた群像劇作品。TOKYO MXにて、7月4日より毎週木曜日22時から再放送されている。

(C)「SHIROBAKO」製作委員会

最終更新:9/19(木) 12:11
超!アニメディア

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事