ここから本文です

SUPER GT第7戦プレビュー:決勝レースはウェットコンディション? 恵みの雨になるか、恨みの雨になるか!

9/19(木) 15:02配信

J SPORTS

いよいよ今年のSUPER GTは、残すところ2戦だけとなった。スポーツランドSUGOが舞台の第7戦は、ラス前の一戦ということもあり、全戦出場している車両に関しては、ウエイトハンデが半減、すなわち獲得しているポイントと同数値ということになる。昨年までSUGOのレースは第6戦と一戦前で、フル搭載の状態だった。基本どの車両も従来ほどの負担を強いられることなく戦えることが、どう影響を及ぼすか注目される。

前回のオートポリスとは違ったタイプのテクニカルコースではあるが、ただしアップダウンに富むという点では共通するSUGOとあって、軽いに越したことはないのは事実だ。その上で、ひとつ気になるのが週末の天気。どうも土曜日、日曜日とも崩れそうなのだ。雨に見舞われないことを、祈りたいが……。

今度こそNSX勢が来る? ドライでもウェットでも!

8月10~11日に、SUGOでは公式テストが行われており、まずはその結果から紹介したい。2日間トータルでトップにつけたのは、KEIHIN NSX-GTの塚越広大/ベルトラン・バゲット組。1分10秒634をマークしている。前回のオートポリスではポールポジションを獲得し、途中2回のピットストップを強いられたものの、結果的にはその積極的な戦術が功を奏し、2位を獲得。ウエイトハンデは26kgでしかないため、引き続きの活躍も予想される。

仮に雨が降ったとしても、テスト初日のセッション1がウェットコンディションだったのだが、ここでも塚越は1分11秒805をマークしてトップ。そういう意味において磐石ともいえよう。もちろん8月と現在、9月では気象条件が異なるが、ウェットコンディションであれば、そう大差もないだろうと予想されることから、雨が降ればよけい有利だと考えられる。

また今回はNSX-GT勢の上位独占もあり得るのでは? 最も好タイムが出ていた初日のセッション2では、上位を独占。KEIHIN NSX-GTに続いたのは、Modulo Epson NSX-GTのナレイン・カーティケヤン/牧野任祐組で、3番手、4番手はRAYBRIG NSX-GTの山本尚貴/ジェンソン・バトン組、そしてARTA NSX-GTの野尻智紀/伊沢拓也組だったからだ。NSX-GTの特性が、特に超ハイスピードコーナーの最終コーナーで生きることは請け合い。目を見張るようなスピードで駆け抜けてくる光景が、今からもう容易に想像できる。

この中でダークホース的な存在が、やはりModulo Epson NSX-GTではないか。搭載するウエイトはわずか9kg。コンディションと唯一装着するダンロップのタイヤがマッチすれば、かなり期待の一台となりそうだ。

1/3ページ

最終更新:9/19(木) 15:02
J SPORTS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事