ここから本文です

81回目の対戦は一手損角換わりから 羽生善治九段 対 深浦康市九段/将棋・棋王戦挑決T

9/19(木) 13:20配信

AbemaTIMES

 将棋の棋王戦挑戦者決定トーナメント3回戦が9月19日に行われ、羽生善治九段(48)と深浦康市九段(47)が午前10時から対局中だ。両者の対局は、歴代単独16位の81回目。

【中継映像】羽生九段VS深浦九段 通算81回目の対局

 羽生九段は1985年12月に四段昇段。以降、当時あったタイトルを全て保持する七冠独占や永世七冠、タイトル通算99期、通算最多勝など、数々の大記録を樹立してきた。現在も竜王戦1組、順位戦A級と、第一線で戦い続けている。

 深浦九段は1991年10月に四段昇段。王位のタイトルを3期連続で保持した実績があるほか、棋戦優勝も9回。対羽生戦では、33勝47敗と負け越してはいるものの、羽生九段の通算勝率が7割を超えることを見れば、苦しめている棋士の一人と言える。

 本局の持ち時間は各4時間で、振り駒の結果、先手は深浦九段。出だしは一手損角換わりとなった。勝者は、黒沢怜生五段(27)と佐々木大地五段(24)の勝者と対戦する。

【昼食の注文】

羽生善治九段 チキンの山椒焼き弁当 深浦康市九段 さばの山椒焼き弁当

【昼食休憩時の残り持ち時間】

羽生善治九段 3時間5分(消費55分) 深浦康市九段 3時間15分(消費45分)

最終更新:9/19(木) 13:20
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事