ここから本文です

那須川天心戦について武尊「今回の試合で勝たないと次はない」、村越「その対戦は実現させない」

9/19(木) 23:24配信

TOKYO HEADLINE WEB

 K-1 WORLD GPスーパー・フェザー級王者・武尊が9月19日、都内で行われた「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN~よこはまつり~」(11月24日、神奈川・横浜アリーナ)の第2弾カード発表会見で那須川天心戦についてコメントした。

 9月16日に行われた「RISE WORLD SERIES 2019 Final Round」の試合後のリング上で那須川が改めて武尊との対戦をアピールし、2人の対戦に関する話題がネット上などで再燃していた。

 この日、武尊は8カ月ぶりとなる復帰戦で前K-1 WORLD GPフェザー級王者・村越優汰と対戦することが発表された。

 試合に対する2人のコメントと質疑応答の終了後に武尊は「ネットとかで話題になっていることがあるんですが、そのことについて僕から一言言わせていただきたい」とマイクを取り「天心選手から“対戦したい”ということを長年言われてきて、もちろん僕も試合をやりたいですし、そのためにずっと動いています。だけど今回の試合で勝たないと次はないと思うんで、僕は今、次の試合に集中するし、その件に関してもこれから、今もそうなんですがK-1の中の方たちとずっと話を進めていて、これからもそのことについては進めていく。まずは11月24日の試合に必ず勝つので応援よろしくお願いします」と話した。

 これを聞いていた村越も「僕もいいですか」とマイクを握ると「僕が勝つことによって格闘技界の流れが変わると思う。目の前の試合を勝って、その対戦は実現させません。以上です」とこれまでおとなしい印象の村越だったが強烈な自己主張を見せた。

 この武尊vs那須川戦についてはその後、改めて中村拓己K-1プロデューサーが質疑に応じた。

 直前の武尊の発言については「那須川選手が(16日に)武尊選手と戦いたいというアピールをしているのは後日、メディアで知った。それについては武尊選手はK-1と契約しているファイターでチャンピオン。その武尊選手と戦いたいという意思があるのであれば、まずは所属ジムを通して我々K-1に正式にコンタクトを取ってもらって、そこでK-1ジャパングループと契約してもらえれば対戦する可能性はあります。新生K-1はずっとその姿勢で一貫してやってきた。それをここで変えるということは基本的には考えていない。実際に今日の会見で発表した村越選手も別のプロモーションで試合をされていて、その中で武尊選手と戦いたいという気持ちを持って、K-1ジャパングループにコンタクトを取ってくれて、契約して、K-1チャンピオンになってベルトを防衛してというひとつひとつをクリアして武尊選手の前に立つことになったわけですし、皇治選手も一緒。卜部選手と戦いたいと言って、K-1ジャパングループと契約してくれて、実際に卜部選手と戦ったし、武尊選手とも戦った。そういった手順を踏んでくれれば武尊選手と戦うチャンスはあるので、そういった意味では僕らはどんな選手にも門戸は開放している。コンタクトをしていただければ、まずはそこからかなと思っています。ひとつ事実確認というか、那須川選手のほうの“何度か交渉しています”といった発言を見たが、K-1のほうから那須川選手や那須川選手が所属しているジムに正式に試合の交渉をしたことはない。そして現時点で先方から我々に正式なコンタクトはない。それはここでしっかりと説明させていただきたい」と話した。

 那須川サイドから正式なコンタクトはないということについては「少なくともマイクアピールとか紙面でのインタビューで話しているというのは目にしたり聞いたりすることはあったが、じゃあ交渉のテーブルについてといったことはなかったです。今もないです」という。

 那須川が17日の一夜明け会見で口にした「3年の独占契約」という内容については「どういった経緯でそういったことを聞いたのかということは僕らは分からないですけど、ちゃんとした交渉のテーブルについて“K-1ジャパングループはこういう契約形態になっています。どうですか?”という話をして、断ったということではないです」と話した。

最終更新:9/19(木) 23:24
TOKYO HEADLINE WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事