ここから本文です

東電旧経営陣3人に無罪判決、福島第1原発事故

9/19(木) 17:34配信

AFPBB News

(c)AFPBB News

【9月19日 AFP】2011年に起きた東京電力(TEPCO)福島第1原子力発電所の事故をめぐり、業務上過失致死傷罪で強制起訴された東電旧経営陣3人に対し、東京地裁は19日、無罪判決を言い渡した。

 検察側は勝俣恒久(Tsunehisa Katsumata)元会長(79)、武黒一郎(Ichiro Takekuro)元副社長(73)、武藤栄(Sakae Muto)元副社長(69)の3被告に対し、禁錮5年を求刑していた。

 判決が言い渡されると、公判開始前から裁判所前に集まっていた福島県出身者を含めた数十人がショックをあらわにした。女性の一人は抗議する人々を前にマイクで、この判決は受け入れられないと訴えた。

 福島第1原発の事故は、旧ソ連時代の1986年に現在のウクライナで発生したチェルノブイリ(Chernobyl)原子力発電所の爆発事故以来、最悪の規模となったが、刑事裁判はこの裁判だけで、起訴されたのは3人のみ。

 福島第1原発事故で亡くなったとして公式に記録された人はいないが、事故のきっかけとなった地震による津波では約1万8500人が死亡または行方不明になっている。

 3被告は、原発事故を受けて避難を余儀なくされた病院の入院患者40人以上を死亡させたとして、業務上過失致死傷罪に問われていた。

 東京地検は、嫌疑不十分で有罪判決に導く可能性が低いとして2度不起訴としたが、市民から構成される検察審査会が2015年に3人の起訴を議決し、強制起訴に至った。

 映像は法廷に入る旧経営陣の3人と、判決が言い渡された後の東京地裁前の様子。19日撮影。(c)AFPBB News

最終更新:9/19(木) 17:34
AFPBB News

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事