ここから本文です

アルミニウム新地金 プレミアム10%下落

9/19(木) 12:03配信

日刊産業新聞

10―12月期のアルミニウム新地金対日プレミアム(割増金)交渉は、前四半期より約10%安いトン97ドルでおおむね決着した。下落したのは3四半期ぶり。先行きの弱い国内需要見通しを反映したとみられる。

最終更新:9/19(木) 12:03
日刊産業新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事