ここから本文です

元バルサカンテラのシャビ・シモンズ かつての好敵手マドリーからゴール!

9/19(木) 11:23配信

SPORT.es

チャビ・シモンズはすでにパリでそのクオリティを表している。ラ・マシアで成長したオランダのMFは、UEFAユースリーググループステージにおけるレアル・マドリー対PSGの最初の試合で、PSGに先導すべく扉を開けたのだ。

アルカセル、古巣バルサ戦での無得点を嘆く「決め切ることが...」


シモンズは、チームブランコのディフェンダーのミスを利用し、ハーフタイム際で最初の得点を決めた。16歳の彼は後ろからボールを奪ってゴールを奪うため、パブロ・ラモンの強力なディフェンスに立ち向かいながらゴールへと激しく前進した。


結果的にPSGは敗北したが(1-2)、シモンズはすでにクラブに貢献すべくゴールを決めることで、才能をあらわにしている。こうして同オランダ人選手は、パリの若手選手らとともに2つ目のゴールを決めた。彼はU19リーグの3日目にアミアンSC戦でデビュー。前回は右翼での迅速な反撃アクションで、2人のライバルをかわし、ゴールを決めている


物議を醸した移籍後、カンテラのクレの真珠の1つであった彼は、すでにパリへの到着を正当化し、下位カテゴリーでそのクオリティを示しているのだ。

最終更新:9/19(木) 11:28
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事