ここから本文です

GReeeeN “4人がひとつの方向を向く”秘訣

9/19(木) 20:20配信

TOKYO FM+

GReeeeNのHIDEさん、naviさん、92さんが、9月18日(水)放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」にゲスト出演。パーソナリティのとーやま校長とあしざわ教頭が、9月25日(水)リリースのニューアルバム『第九』について質問しました。

――SOHさんも先生中!

とーやま校長:今回で来校していただくのは3度目なんですよ。何度も来ていただいて嬉しい限りなのですが、今日はSOH先生は……?

HIDE:SOH先生は、もう一つの先生をやってますね。

navi:先生中です。

92:ドクターSOHってことだよね。

あしざわ教頭:マーベル作品みたいに……(笑)。

HIDE:(笑)。我々は両方やっていますのでね。

――9月25日にニューアルバム『第九』リリース!

とーやま校長:僕はアルバムのジャケットがすごく好きなんです。目玉焼きが9つ集まっていて、緑の糸で全部結ばれているじゃないですか。そこに含まれた意味もたくさんあるんだろうなと思いましたし、見たことないものを見たい人生だなって思い始めていまして、そう考えたときに目玉焼きが9つ集まっているところって、このジャケットが無かったら見ることはないなって思ったんです。

HIDE:確かに! 目玉焼きが9つ乗る皿が無いしね。

とーやま校長:そこがまず良いなって思いました!

92:伝えたいことが全て伝わっているね。

とーやま校長:この9枚目のアルバムというのは……まず、GReeeeNとして活動されてどれくらいでしたっけ?

HIDE:メジャーデビューして13年目だと思います。

とーやま校長:13年で9枚だと結構なペースですよね。今回のアルバムは、完成していかがですか?

HIDE:僕たちは曲を作るのがすごい好きで、出来上がったのをみんなで聴くのがまた好きなんですよ。制作の過程で何回も聴くんですけど、その度に「今までで一番良くない?」って言い合っていくうちに9枚目になっちゃったっていう感じですね。

92:「過去最高の出来だ!」って、毎回言ってますね。毎回塗り替えられてます。

navi:「過去最高の仕上がりだねって」(笑)。

とーやま校長:今のお話を聞いて納得したんですけど、ものすごく無邪気な子供たちが作っているアルバムだなと思ったんです。逆に、何でこんなに無邪気でいられるんだろう、とも思うんですけど。

HIDE:例えば、“こういう曲を作ろう”みたいなコンセプトで進んでいくじゃないですか。最初は家で一人で曲を作って出来てきたらみんなに聴かせるんですけど、聴かせてみて雲行きが怪しいとか、ちょっと違うってなったときは、すぐに取り下げて違う曲を持ってきたりしますね(笑)。「3日ちょうだい!」って言って、また書いてきたりね(笑)。

92:察する力がすごい(笑)。

HIDE:なので、「楽しい~!」ってなる部分と、そこに行きたいからこそ取り下げる部分と、いろいろやっている感じですね。

とーやま校長:navi先生は、HIDE先生が作ってきた楽曲をパッと取り下げる瞬間とかって、何か感じられるんですか?

navi:そうですね。バレてるんですよね。聴いているときの印象が「イイね!」っていうときと「これは……」っていうときが、みんな露骨に出てるんでしょうね。

HIDE:でも、それを露骨にさせない為に曲についてプレゼンとかするんですよ。その上で聴かせても、「あれ、違ったな……」ってなることもありますね(笑)。

とーやま校長:92先生は、そのときの攻防をどのように感じているんですか?

92:僕は、割とプレゼンにまんまと乗せられて「イイじゃん!」ってなっちゃうんです。でも意外とSOH先生とかが、「これ、あんまり良くなくない?」ってズバッと言ってくれて。すごくいいバランスで成り立っているのかなって思いますね。

とーやま校長:いいですね! 普通、長くやっていたら、そういう言葉を出しづらくなったりしますよね。

HIDE:でも、他のメンバーに言われたことって後々そうだなって思うこともあるので、「この人が違うと言うのなら、違うんだろうな」って思って受け入れるわけです。

あしざわ教頭:信頼しているんですね。

HIDE:みんながそれぞれ信頼しているので、4人で集まって4人で作るんだけど、ひとつの方向を向いていくのかなっていう気がしますよね。

最終更新:9/19(木) 20:20
TOKYO FM+

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事