ここから本文です

レアルに3発快勝のPSG指揮官トゥヘル 「チーム全体の勝利」

9/19(木) 12:23配信

SPORT.es

パリ・サンジェルマン(PSG)指揮官トーマス・トゥヘルは、チャンピオンズリーグ初戦でのレアル・マドリード(3-0)からの勝利に非常に満足している。試合後の記者会見で彼は、「もし誰かが今大会で優勝するかどうか尋ねたら、私はプレスルームを出よう」と冗談を言った。

敵地パリで惨敗のレアル、ベイル以外の全選手に低評価


「まず、チャンピオンズリーグで優勝するかどうかを尋ねられたら...私はここから去ります!すぐにこの部屋から去りますよ!」と試合を評価する前に彼は主張した。同指揮官は自分のプレッシャーを取り除きたいと思っているため、これが最善の方法であったともいえる。


「(今回の勝利は)チームのパフォーマンスのおかげだと思う。ボールがある時とない時の総合的なパフォーマンス。私は毎日チームを見て、改善と実践を続けるための準備ができている。今日我々はこの結果を示したが、3日ごとにそれを行うのは決して簡単ではない」と、トゥヘルは語る。


「ネイマールなしでプレーする際、エムバペとカバーニが助けになる」と、彼は驚くメディアたちを前に語った。


加えて彼は、「みな我々はお気に入りではないと言うし、だからこそプレッシャーを軽減できるのだ。もちろん、すべてのゲームを選手達なしでプレーするのは不可能であり、すべてのプレイヤーが必要だ」と述べている。


さらにトゥヘルは、今試合の2人の主人公であるイドリッサ・ゲイエとディ・マリアについて尋ねられた。


「ゲイエはボールを手に入れるため一生懸命に戦うマシーンのようだ。走り続け、ボールを何度も手に入れる。そしてディ・マリアは、彼自身ができることを1年間みせ続けている」とコメントした。

最終更新:9/19(木) 12:54
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事