ここから本文です

レアルMFハメス、CL初戦でPSGに完敗もポジティブな見解「後で負けるより...」

9/19(木) 15:25配信

SPORT.es

レアル・マドリーのコロンビア人MFハメス・ロドリゲスは、現地時間18日(水)に行われたUEFAチャンピオンズリーグ初戦のパリ・サンジェルマン(PSG)戦が内容の良くない試合だったことを認めたものの、現時点では悪い時間を過ごす方が後から向かえるより良いとポジティブに語っている。

PSGがレアル相手に3発快勝!ディ・マリアがドブレーテの活躍

「我々は集中力に欠けてた。こういった大会では悪い日もある。後で負けるよりかは今の方が良い」


さらに同選手は負けた試合から学ぶべきことがあることを強調している。
「言い訳をするわけではないが、悪い日から学ぶこともできる。3-0という結果は受け入れ難いが、この事実からも学ぶことができる。大会はすでに始まっている。我々には多くのやるべきことがある」


また、同MFは次のリーグ戦にむけて、「もっとチャンスをつくらなければならない。落ち着いて3日後の試合に臨みたい。私たちは信念を持っている。何人かの選手が負傷で抜けているが、私たちは良いチームだし、常に自分自身のプレーと指揮官を信じている」とコメントを残している。

最終更新:9/19(木) 15:39
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事