ここから本文です

マン・Cフェルナンジーニョ、負傷者続出でCBとして出場も「最終ラインはイージーだった」

9/19(木) 21:42配信

GOAL

UEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループC、シャフタールvsマンチェスター・シティは0-3でアウェーのマンチェスター・Cが勝利を収めた。

この試合では、マンチェスター・Cの最終ラインにはアイメリク・ラポルテ、ジョン・ストーンズなど負傷者が続出していることから、中盤を本職とするフェルナンジーニョが急きょセンターバックとして先発出場。キャプテンマークを巻き、ニコラス・オタメンディとのコンビで無失点勝利に貢献した。

試合後『BTスポーツ』のインタビューを通して、フェルナンジーニョはDFとしてのプレーを振り返り「今日はDFとしてプレーしたけど良い内容で試合を終えることができた。とはいえ、攻撃陣も連動した守備をしていたし、最終ラインでのプレーはイージーだったね」と述べている。

「今シーズンは序盤から、実はこのポジションでのトレーニングもしていたんだ。ペップ(グアルディオラ)はチームのすべてを掌握しているし、突発的な状況にも対応できるよう物事を進めていたんだ。今日は僕にとって大きなチャンスになったし、チームをより良くさせることができたんじゃないかな」

フェルナンジーニョは2005~2013年までシャフタールでプレーし、13-14シーズンからマンチェスター・Cでプレーしている。アウェーのシャフタール戦は勝手知ったる古巣ホームでのプレーとなったが、慣れない最終ラインでの出場も、苦ではなかったようだ。

最終更新:9/19(木) 21:42
GOAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事