ここから本文です

ブラックアウト経験者が伝えたい、準備しておくべき8つの停電対策

9/19(木) 18:45配信

LIMO

北海道胆振東部地震から1年。北海道全域にわたったブラックアウトの記憶も新しいうちに、台風15号による関東エリアの大規模停電が起こってしまいましたね。最近では日本全国どこに住んでいても、停電のリスクを感じることが多いのではないでしょうか。そこで今回は筆者が経験した北海道ブラックアウトをもとに、家庭でできる停電対策をご紹介します。

停電対策1.照明・ライト編

 懐中電灯は常備必須! 

防災グッズの1つとして、懐中電灯を常備しているという家は多いですよね。でも、そのライトはすぐに手にとれる場所にありますか? 停電で暗くなってから懐中電灯を探すのはとても大変です。寝室のベッドの近くや、リビングのテレビの近くなど、夜間にいることが多い場所にいくつか配置しておくと、いざというときにあわてなくて便利ですよ。

筆者も東日本大震災のあとから、ベッドの近くに小さなライトを常備していたので、ブラックアウトが起こった際も落ち着いて行動することができました。

 電池式のインテリアライトも

100均などで販売されている電池式のライトをインテリアに活用しているという方も多いですよね。そんなインテリアライトも停電の時に役立ちます。とくに電球型のペンダントライトは明かりが広がるので、食事のときにも便利。

緊急時に懐中電灯しかないというときは、コンビニなどでもらったビニール袋を懐中電灯の光る部分にかぶせて、光を広げる方法もありますよ。

 充電式のライトは定期点検が必要

停電が長引くと電池の在庫が気になりますよね。防災用にと電池を用意していても、大切な電池はとっておきたいもの。いつ停電が解消されるか分からない場合には、電池を使わなくてもいいライトが重宝します。

最近では市販の防災グッズの中に、手回しで充電できるライトが入っていることも多く、充電式のライトがあるから大丈夫と思っている方もいるのではないでしょうか? 我が家にも手回しで充電ができる、ラジオ・モバイルバッテリーの機能が付いているライトがあったので安心していました。

しかしいざ使ってみようと思ったときに、全く充電されていなかったライトは長持ちしてくれず苦労しました。
充電式のものは定期的にライトなどの機能がちゃんと使えるか、充電はどれくらいあるかなどをチェックして、いつでも使えるようにしておくことが大切ですね。

 ソーラーライトや2WAYの充電方式を持ったライトが便利

手回しなどの人力で発電するライトは、停電時にとても重宝しますが、力のない子どもや高齢者にとっては大変というデメリットもあります。そんなときに活用したいのが、太陽光での発電ができるソーラーライト。日中、太陽に当てておくだけで長く点灯するものもあるので、とても心強いアイテムです。100均で販売されているものでも、十分に常夜灯として使える光がつきますよ。

ソーラー充電ができるだけではなく、手回しでも発電できるものやUSBで充電できるものなど、2WAY以上の充電方法があるものもあります。状況に合わせて充電方式を変えることができるので、あると便利なアイテムです! 

1/2ページ

最終更新:9/19(木) 18:45
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事