ここから本文です

「生活費を1人でまかなえる?」おひとりさま老後に立ちふさがる様々な問題

9/19(木) 20:30配信

LIMO

「そろそろ結婚したいけれど相手がいない」「このまま一生独身かも」と焦りを感じている女性も多いのではないでしょうか。若いうちは自由を楽しめる反面、おひとりさまで老後を迎えるとなると不安も募りますよね。そこで今回は、独身女性たちに立ちふさがる数々の問題について迫っていきます。

アラサーOLが抱えるお金の悩みとは

「独身のアラサーOLは、好きな服や化粧品を好きなだけ買える」「お金を気にせず生活できる」というイメージを持っているのではないでしょうか。しかし、実際は何かとお金に悩んでいるケースも少なくないようです。その内容を覗いてみましょう。

 若い頃よりお金がかかる

若いうちは、リーズナブルな服でも周囲に違和感を与えにくいもの。しかし、アラサーになると「安っぽい服は着られない」「それなりの服装をしなければ」という意識が芽生える人が多いようです。

また、そろそろ本格的な化粧品が欲しくなる時期でもあります。自分の理想や周囲の目線にあったものを選んでいるうちに、出費がかさみやすくなるのでしょう。

 貯金の少なさに対する不安

無駄遣いが減らない、収入が低いなどの理由により、思うように貯金ができない人も少なくありません。支出を減らす、もしくは収入を増やす手段を考える必要がありそうです。

 老後に向けた貯金に取り組めない

つい「まだ時間がある」と先延ばしにしてしまいがちな、老後への備え。なかなか行動に移せない方は、「定期預金を利用して貯める」「iDeCoを活用する」といった具体的な方法を考えてみましょう。

「婚活難民」の実態

結婚を目指して、婚活に励む女性も多く存在します。しかし、なかにはその活動によって「婚活難民」に陥っているケースもあるようです。その具体例を、いくつかご紹介しましょう。

 恋愛運アップのグッズを買い漁る

縁結びのお守りを集める、有名な神社まで遠出する、パワーストーンを購入する…。このようなことを繰り返しているうちに、どんどん費用が膨らんでいくケースです。

 手当たり次第に出会いを求める

結婚相談所に入会したものの、出会いの数だけが増えてしまうパターン。「もっといい人がいるかも」「ここが許せない」といった理由を並べ、次から次へと出会いを求めてしまう人が陥りやすいようです。

 怪しいセミナーに足を踏み入れる

ネットやSNS上では、怪しい婚活セミナーがいくつか見受けられます。よく考えれば「やめておこう」と感じるはずが、婚活に必死でつい関心を寄せてしまう人もいるようです。

1/2ページ

最終更新:9/19(木) 20:30
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい