ここから本文です

英国風パブチェーンの「ハブ」が急騰! 日経平均株価の11連騰ならず

9/19(木) 6:40配信

LIMO

株式市場の振り返り-日経平均株価は10連騰でストップ、終値で再び22,000円割れ

2019年9月18日(水)の主要指標(カッコ内は前日終値比)

 ・日経平均株価 21,960円(▲40円、▲0.2%) 11日ぶり反落
 ・TOPIX 1,606.6(▲7.9、▲0.5%) 9日ぶり反落
 ・東証マザーズ株価指数 845.2(▲4.4、▲0.5%) 反落
東証1部上場銘柄の概況

 ・値上がり銘柄数:602、値下がり銘柄数:1,466、変わらず:82
 ・値上がり業種数:7、値下がり業種数:26
 ・年初来高値更新銘柄数:79、年初来安値更新銘柄数:4
東証1部の出来高は12億2,105万株、売買代金は2兆2,374億円(概算)となり、いずれも前日より減少しました。17日から始まるFOMC、18日から始まる日銀金融政策決定会合という大きな金融イベントを控えて様子見スタンスが強まりました。

ただ、今回のリスクオンモードが一気に大幅減退したわけではなく、売買代金は2兆円を下回ることなく引けています。

そのような中、日経平均株価は狭いレンジ内での推移となりました。寄り付き直後に一時+26円高となりましたが、後場寄り後には一時▲59円安となる場面が見られています。結局、後場はプラス圏に浮上することなく、終値は小幅安ながら11日ぶりの反落となりました。

ちなみに、今回の日経平均株価10連騰は歴代第10位の記録でした。また、アベノミクス始動後で見れば、2017年10月2日~24日に掛けて記録した16連騰(注:これは連騰最長記録でもあります)、2015年5月15日~6月1日に掛けて記録した12連騰に次ぐものです。

なお、TOPIXも同じような値動きで9日ぶりの反落となり、下落率は日経平均株価を大きく上回りました。これは中小型株を含め全般的に売りが優勢だったことを示唆しています。

東証マザーズ株価指数は反落、売買代金は30日連続で1,000億円を下回る

東証マザーズの出来高は4,314万株、売買代金575億円となり、いずれも概ね前日並みでした。新興市場では個人投資家の物色意欲が続かず、商いに回復の兆しが見えません。売買代金は30日連続で1,000億円を下回りました。

また、株価指数も反落となり、900ポイント回復が再び遠のいた感じです。引き続き、今後の展開は個人投資家の投資マインド回復次第と言えましょう。

1/2ページ

最終更新:9/19(木) 6:40
LIMO

チャート

NTTドコモ9437
2870円、前日比+18円 - 10/11(金) 15:00

チャート

日本電信電話9432
5411円、前日比+23円 - 10/11(金) 15:00

チャート

KDDI9433
2965.5円、前日比+7円 - 10/11(金) 15:00

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事