ここから本文です

3年前のリベンジ達成、ギター漫才師・ラニーノーズが「お笑い歌ネタ王」優勝

9/19(木) 17:30配信

Lmaga.jp

9月18日に開催されたMBSのお笑い賞レース『歌ネタ王決定戦2019』で、リズミカルなギター漫才が特徴のお笑いコンビ・ラニーノーズ(洲崎貴郁、山田健人)が優勝、賞金300万円をゲットした。

【写真】爽やかな歌声とともに、歌ネタを披露するラニーノーズ

歌や音楽を使ったお笑いネタ「歌ネタ」のおもしろさを競う同番組。総エントリー数1194件のなかから、パリピ的サウンドを駆使するきつね、友近・ゆりやんレトリィバァコンビ、ラニーノーズの3組が最終決戦へと駒を進め、ギターと歌のデュオ漫才で会場を沸かせたラニーノーズ(洲崎、山田ともに31歳)が優勝を勝ち取った。

3年前の大会では、惜しくもかまいたちに破れて準優勝だった彼ら。「悔しい思いでずーっときて、今年ずっとギター漫才に特化してやってきたので・・・むちゃくちゃうれしい」と、リベンジ達成の喜びを噛みしめた。この結果に、審査員をつとめた藤井隆は「若くて優勝して欲しいと思った方が優勝したので私もうれしいです」とコメント。審査員・ヒロミも「いつか優勝するだろうなというのがありました」と太鼓判を押した。

同番組は2013年にスタート。過去の大会では吉本新喜劇のすち子&真也コンビや、かまいたち、藤崎マーケットらが優勝している。

最終更新:9/19(木) 17:30
Lmaga.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事