ここから本文です

長谷工コーポレーション、「ICTマンション」第1号物件に着手

9/19(木) 14:00配信

BCN

 長谷工コーポレーションは9月12日、付加価値の高いマンションづくりを目指し、最新ICTやシステムを本格導入する「ICTマンション」第1号物件の着手を表明。長谷工不動産が東京都板橋区に建設する、総戸数72戸の学生向け賃貸マンションに導入する。入居開始は2020年3月の予定。

 「ICTマンション」には、NTT西日本と実証実験を行ったNECの顔認証システムをはじめ、振動センサー、気象センサー、給排水センシング、HEMSを導入し、住宅設備から得られるライフログとあわせ、さまざまなデジタルデータを“暮らし情報”として情報プラットフォーム「BIM & LIM Cloud」に集積。そのデータを分析し、セキュリティ、情報サービス、見守り、防災、保守、修繕といった、マンションでの日々の暮らしから建物の長寿命化までの活用を目指す。
 

 「BIM & LIM」とは「住まい情報」「暮らし情報」の意味を込めた。「住まい情報」は設計者、施行者、研究者の活用を想定している。例えば、「ICTマンション」第1号物件に導入する振動センサーは地震時の本人・家族への通知に加え、スマートロックによる防災備蓄庫の非常時自動開錠、建物のエキスパンション・ジョイント部の状態監視に役立てる。また、HEMSは、家電の遠隔制御まで拡張することで、エネルギーマネジメントを促進するとともにライフログデータとして集約する。

 開発にあたって「ICTマンション推進タスクフォース」参加企業の協力を得た。参加企業は、ACCESS、NEC、NTTグループ、東芝エレベータ、ナレッジフォーサイト、日本宅配システム、明電舎、ライナフの8社(2019年8月現在、五十音順)。長谷工コーポレーションでは、BIM & LIM Cloudの構築に向け、各種メーカーやベンチャー企業、大学や研究機関と幅広く連携をとり、オープンイノベーションを推進していく。

最終更新:9/19(木) 14:00
BCN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい