ここから本文です

モーターショーなぜ衰退? 加速するメーカーの出展取り止めはなぜ起こるのか

9/19(木) 10:30配信

くるまのニュース

世界中でモーターショー離れが進む理由とは

 2019年は、2年に1度の東京モーターショーが開催される年で、一般公開は10月25日からスタートします。かつては世界三大モーターショーのひとつともいわれていた東京モーターショーですが、いまでは「地盤沈下」といわれるほど、衰退しているといいます。

絶品の車! 世界のモーターショーを画像で見る!

 日本だけではなく、世界各国で自動車メーカーの「モーターショー離れ」が叫ばれていますが、自動車メーカーに何が起こっているのでしょうか。

 近年の東京モーターショーでは、自動車メーカーの出展が激減していることが指摘されていて、2019年に参加する海外ブランドは、メルセデス・ベンツ、スマート、ルノー、アルピナだけの予定です。

 2000年代前半までは、フェラーリやランボルギーニ、そしてロールスロイスなどスーパーカーやハイエンドブランドまで含めた、世界中の自動車メーカーがこぞって出展していました。

 世界の主要モーターショーにおいて、衰退しているといわれるのがドイツで開催されているフランクフルトモーターショーです。

 2019年では、日本メーカーの出展がホンダしかありませんでした。トヨタや日産、マツダなどもブースを出していません。

 さらには、フォルクスワーゲングループ(アウディやポルシェなど)やBMWなど地元ドイツのメーカーもブースの規模を縮小している状況。ここ数年は、開催されるたびにモーターショー会場全体の展示面積も狭くなり続けています。

 これまで、アウディは出展車が多すぎたため常設展示場に余裕がなく、中庭に巨大な仮設ブースを立てて出展していましたが、2019年は常設展示場内へ移動。かわりに前回までアウディが使っていた広場はSUVの試乗コースになっていました。

 また別のホールでは、スペースを埋めるために高価なクラシックカーなどを並べて販売するスペースとして展開。フランクフルトモーターショーは世界三大モーターショーのひとつにカウントされるほど高い地位のイベントですが、それでも状況は楽ではないのです。

 アメリカのデトロイトモーターショーも出展者と来場者が減り、次回(2020年)からはこれまでの開催方法をガラリと変え、音楽フェスなども含めた新しいイベントへと変わっていくといいます。

 出展メーカーと来場者数の両面から見て、先進国でモーターショー離れが進んでいるのは間違いありません。では、衰退の理由はどこにあるのでしょうか。

 筆者(工藤貴宏)は、インターネットとデジタル写真の普及が原因と考えています。

 かつて、マスメディアは自身でモーターショー会場へ足を運んで写真を撮影し、会場で新型車の資料を受け取らないと、記事を作ることができませんでした。

 しかしインターネットが普及した昨今は、自動車メーカーがデジタル写真と資料を配信すればマスメディアは会場に行かなくてもそれで記事が作成できます。また、一般消費者はインターネットでモーターショー出展車両の情報を確認できます。

 その結果、会場を訪れる人の数が減り、自動車メーカーも費用対効果を考えると出展を控える状況となってしまいました。

 また、自動車メーカーにとってはインターネットの普及がモーターショー以外にも世界中へ新型車の情報を拡散するチャンスの拡大に繋がったことにより、モーターショーにクルマを飾らなくても、どこかのイベントで新型車やコンセプトカーを並べればそれが拡散されて世界中の人の目に留まるようになったのです。

 すると「高いお金をかけてモーターショーに出展するのは効率が悪い」との判断につながったといえるでしょう。つまり、情報化社会がモーターショー離れを加速させたのです。

1/2ページ

最終更新:9/19(木) 15:20
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事