ここから本文です

NEXCO東日本が深夜取締を実施! PAにおける全車両引込とはどんな方法?

9/19(木) 17:10配信

くるまのニュース

NEXCO東日本が深夜取り締まりを実施!

 EXCO東日本の関東支社は、上信越自動車道(以下、上信越道)の松代パーキングエリア(上り線)において、深夜の全車両引込による道路法(車両制限令)違反車両を対象とした取締を実施しました。

全車両引込による取り締まり方法を見る!

 従来より、道路構造物の保全及び交通事故防止の観点から料金所等で定期的に取締を実施していましたが、違反車両が後を絶たない状況だといいます。

 近年では、大規模更新・リニューアル工事が本格化していく一方で、重量違反車両が道路構造物へ与える悪影響も大きく、さらなる取締強化をおこなっていました。

 今回、実施した全車両引込による取締は関東支社管内では8回目であり、上信越道においては5回目の取組みとなります。なお、全車両引込とはすべての通行車両に対し、一旦サービスエリアなどを経由させることです。

 NEXCO東日本は、取り締まりについて、次のように話します。

「違反運転手には、全車両引込の取締をおこなうことで、『法令違反車両は絶対に許さない』という姿勢を示し、認識させることにより、今後の違反抑止に繋がると考えております。今後も適時適切な指導取締を継続実施し、悪質な違反ドライバーに対しては厳正に対処してまいります」

※ ※ ※

 今回の全車両引込による深夜取締は、2019年9月17日の21時から24時までおこなわれた結果、違反台数3台となりました。内訳は、措置命令台数が3台です。

くるまのニュース編集部

最終更新:9/20(金) 15:32
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事