ここから本文です

子どもに安全を! ホンダが無料配布する「まもってトート」はどんなバッグ?

9/19(木) 19:00配信

くるまのニュース

子どもの安全を考慮して無料配布

 ホンダは、交通安全トートバッグ「まもってトート」を製作し、秋の全国交通安全運動の初日となる2019年9月21日より、無料配布を開始するといいます。また、同日よりコンセプトムービーも公開しました。

反射材で夜間も安全! まもってトートを写真で見る

 子どもたちの交通安全を考慮したデザインになっているといいますが、いったいどんなトートバッグなのでしょうか。

 今回、製作されたまもってトートは、ドライバーが警官の制服を見るとハッとする心理を応用してデザインされました。

 トートバック全体が交通整理をする警官の制服をモチーフとしており、クルマのライトが当たると光る反射材をあしらっています。

※ ※ ※

 製作の背景には、子どもが被害を受ける交通事故を防ぐという目的があるといいます。

 歩行中の交通事故死傷者数を年齢別でみると、新しく小学生になる7歳が突出して多く、月別推移をみると、1年のなかでも夕暮れが早くなる10月に増加する傾向です。

 1日のなかでみると、下校時間以降の14時から18時台に、68%の事故が発生。歩行者にとっては、学校の下校時間以降の時間にあたる夕暮れ時に、自分の安全を守ることが重要だといえます。

 事故防止効果を高める対策のひとつとして、クルマのライトが当たると光ってドライバーからの視認性があがる、反射材を身に着ける方法があります。

 ホンダは、反射材があしらわれているまもってトートの無料配布を、東京・港区の「Hondaウエルカムプラザ青山」でおこなう(100枚限定)ほか、特設サイトでも配布申込を受け付けます(応募者多数の場合は抽選)。また、港区の一部の保育園にも寄贈するということです。

くるまのニュース編集部

最終更新:9/19(木) 19:00
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事