ここから本文です

ショーンとルーラに癒される!『映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!』場面写真が一挙到着<写真11点>

9/19(木) 19:00配信

Movie Walker

アカデミー賞を多数受賞しているアードマン・アニメーションズによる「ひつじのショーン」長編映画シリーズ第2弾、『映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!』が12月13日(金)より公開。このたびウィル・ベチャー監督の来日が決定し、あわせて場面写真が解禁となった。

【写真を見る】未知との遭遇!ショーンは牧場に迷い込んだ宇宙人の女の子、ルーラと出会うが…<写真11点>

人気クレイ・アニメーション「ひつじのショーン」は、アカデミー賞を多数受賞している英国アードマン・アニメーションズの大ヒットシリーズ『ウォレスとグルミット』の第3作『ウォレストとグルミット、危機一髪!』(95)に登場するショーンを主人公にしたスピンオフ作品。2007年に英国BBCで1話7分のショートアニメがシリーズ化、日本でもNHK Eテレで放映されるなど、映画公開後もファンは年々増え続け、2015年にはシリーズ初の長編映画『映画 ひつじのショーン~バック・トゥ・ザ・ホーム~』が公開され、全世界で1億600万ドルもの興行収入を挙げるヒットを記録。第88回アカデミー賞長編アニメ賞にもノミネートされるなど、大きな話題となった。待望の続編となる本作では、アードマン・アニメーションズならではのユーモアとペーソスが入り交じる表現が、最新VFX技術によりさらに進化している。

モッシンガムの牧場で暮らすショーンと仲間たち。いつものように牧羊犬のビッツァーに厳しく見張られながらも、いたずらを繰り返し楽しく過ごしていたある日、町中を揺るがす事件が発生する。UFOの目撃情報が相次ぐなかでショーンは牧場に迷い込んだ宇宙人の女の子、ルーラと出会う。

本作では劇場版第1作で監督を務めたリチャード・スターザックとマーク・バートンが製作総指揮、そして原案と脚本をそれぞれ務め、「ひつじのショーン シリーズ5」を手掛けたウィル・ベチャー、『アーリーマン~ダグと仲間のキックオフ!~』(18)などでシニア・ストーリーボードアーティストを務めたリチャード・フェランの2人が長編監督デビューを果たした。このたび、日本公開を直前に控え監督のウィル・ベチャーの来日が決定。さらに11月下旬には、ジャパンプレミアの開催も予定しているという。

あわせて解禁となった場面写真では、ショーンとルーラの出会い、「ファーマゲドン」と高らかにかかげた牧場主の姿、おなじみの仲間たち、そして謎に包まれた映画オリジナルキャラクターまで、様々なシーンが切り取られている。

人気キャラクターとして、テレビ放送終了後も安定した人気を誇る“ひつじのショーン”。本作の公開によって、ふたたび“ショーン旋風”が巻き起こることは間違いない!(Movie Walker・文/編集部)

最終更新:9/19(木) 19:00
Movie Walker

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事