ここから本文です

フランス、来季からリーグカップの開催を停止…EL出場枠はリーグ順位で決定

9/19(木) 20:40配信

超WORLDサッカー!

フランスプロサッカーリーグ連盟(LFP)は18日、2020-21シーズンからクープ・ドゥ・ラ・リーグ(リーグカップ)を開催しないことを発表した。

クープ・ドゥ・ラ・リーグは1994年からスタート。リーグ・アン、リーグ・ドゥの全クラブと、シャンピオナ・ドゥ・フランス・ナシオナル(フランス3部)に参加しているプロクラブが出場する大会だ。

イングランドで行われているEFLカップを模倣したものであり、リーグ戦、クープ・ドゥ・フランスと共に開催されている。

また、優勝クラブには翌シーズンのヨーロッパリーグ出場権が与えられているが、その出場権はリーグ1の最終順位によって決められることになるという。

LFPは、今回の決定に関して、「スケジュールが短縮され、選手により多くのリカバリー時間が与えられる」としており、「リーグ・アンの2020-21シーズンの終わりに、ヨーロッパリーグの出場権が新たに一つ与えられることになる」と声明を発表している。

なお、2018-19シーズンはストラスブールが優勝。その前はパリ・サンジェルマンが5連覇していた。

超WORLDサッカー!

最終更新:9/19(木) 20:40
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事