ここから本文です

4ドア・クーペ メルセデス・ベンツCLA 250に試乗 ガソリンモデルを英国で評価

9/19(木) 9:50配信

AUTOCAR JAPAN

若い層の獲得を狙った4ドアクーペ

translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

2013年の発表以来、メルセデス・ベンツCLAは優雅で流麗なサルーンボディに高い洗練性と走行性能を兼ね備えてきた。様々なグレードを用意し、世界的な販売総数は75万台に達する。そんな好調を背景に、コンパクトな4ドアクーペは新世代に置き換わった。

【写真】最新Aクラス 3種のボディスタイル (177枚)

長く緩やかにカーブを描くフロントのボンネットには、メルセデスがいうところの「パワードーム」と呼ばれる2本の峰が並び、比較的短いリアエンドとのプロポーションは美しい。今回の試乗車はAMGラインということで、クローム仕上げのドアハンドルやフロントスプリッターが付き、近年のメルセデスの特徴でもあるダイアモンド形状のフロントグリルと相まって、従来のメルセデス・ベンツの顧客層よりも若い層を狙ったエクステリアデザインとなっている。

ターゲットに合わせて、走行性能の性格付けも少し尖ったスポーティな方向。CLAを運転すれば、思わず笑顔になってしまうことだろう。状況が許せば、満面の笑みを浮かべることも可能だ。しかしコンパクトなボディなぶん、利便性はミドルクラスのサルーンには及ばない。意図した通りだと思うが、後部座席のお偉方を満足させるサルーンというわけではないのだ。

プロポーションがぐっと良くなったCLAだが、先代と比較してフロントレッドは63mm、リアトレッドは55mm先代よりも広くなり、全長は48mm伸びている。アピアランスがスポーティになっただけでなく、特にコーナリング性能はしっかり向上している。

エンジンは2.0Lの直列4気筒ターボで、250の場合は227psを発生。0-100km/h加速は6.3秒でこなすが、静かだから、その数字以上に速く感じられる。スポーツモードを選択するとエンジン音も大きくなるが、車内の防音性に優れ、サウンドだけが余計に加速していくような感覚はない。

1/3ページ

最終更新:9/19(木) 9:50
AUTOCAR JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事