ここから本文です

西武・森友哉がマジシャンに!? 白球消える珍事をパTV注目「とつぜん手品を…」

9/19(木) 10:58配信

Full-Count

18日のオリックス戦、宗がバントした打球は一瞬にして行方不明に…

■西武 5-0 オリックス(18日・メットライフ)

 西武の森友哉捕手が、試合中に“手品”のようにボールを消してしまうハプニングがあった。18日、本拠地メットライフドームでのオリックス戦。4回のオリックスの攻撃中だった。

【動画】ボールはどこいった? 球審もキョロキョロ… 西武・森が手品のようにボールを消した場面

 打席にはこの回先頭の宗が入っていた。先発ニールが投じた初球、宗はセーフティーバントを試みた。だが、これはファール。捕手の森の目の前でバウンドすると、次の瞬間、ボールはその姿を消してしまった。

 ボールの行方が分からなくなり、球審がキョロキョロ、そして、森もキョロキョロ… 周囲を見渡しても、足元を見てもボールは無い。一体どこへ行ってしまったのか…。森がおもむろに自身のプロテクターを動かしてみると、下からボールが転がり出てきた。

 宗がバントに失敗した打球は、ワンバウンドすると、プロテクターの脇から“侵入”。そのまま引っかかったままになっていたのだ。ボールが溢れ出ると、森も球審も思わず笑みを浮かべた。この場面を「パーソル パ・リーグTV」の公式Youtubeも「試合中にとつぜん手品を…!? L森『消えた白球』」として紹介。再生回数10万回を超え、反響を呼んでいる。

 ファンからは「マジック点灯してるだけにさすがだ」「普通にかわいいww」「西武は芸達者な選手が多いな?」「かわいい」と、思わぬ珍事を喜ぶコメントが。優勝へのマジックを「6」に減らした西武に起きた、“手品”のような出来事だった。

Full-Count編集部

最終更新:9/19(木) 16:46
Full-Count

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事