ここから本文です

ホークス“繋ぎ”で見せた意地の1勝で逆転Vに望み 工藤監督「みんなよく頑張ってくれた」

9/19(木) 22:40配信

Full-Count

打球が当たりながらも6回を投げた千賀には「さすがエースの責任感」

■ソフトバンク 4-3 オリックス(19日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクは19日、本拠地でのオリックス戦を4-3勝利し連敗を3でストップ。西武との優勝争いに踏みとどまった工藤監督は「今日はみんなで繋いで、繋いでと話をしていました。よく打ってくれたと思います。みんなよく頑張ってくれました」とナインを称えていた。

【写真集】藤田ニコル似や筧美和子似と今年も “美女”だらけ…ヤフオクドームを彩る球場の華、売り子美女ギャラリー

 同点で迎えた8回。1死からグラシアルが四球を選ぶと、すぐさま代走の切り札・周東を投入。周東は内川のセンター前で一気に三塁を陥れ、中村の犠飛で勝ち越しのホームを踏んだ。

 勝ち越しの場面を振り返った工藤監督は「内川くんがいいバッティングをしてくれたし、あそこで三塁まで行けるのも彼(周東)しかいない。中村くんもよく(ボールを)すくって外野まで持っていってくれた」と賛辞を送った。

 また、千賀は3回に強烈な打球をワンバウンドで右膝に受けながら続投。4回にまさかの2連続押し出しを出し、さらに6回にはモヤに痛恨の同点本塁打を浴びたが、指揮官はエースの強い気持ちを称賛。

「(当たったのは)膝の下。打撲と思います。乱れたところはありましたが、クイックで投げれば大丈夫だ、と。6回は本人が行けますということだったので行ってもらいました。(打球が)当たっても自分でいいところを見つけていけるのは、さすがエースの責任感だと思います」

 西武が勝利し相手のマジックは「5」となったが指揮官は「1戦1戦、みんなで全力でやるだけ。ヤフオクもあと2試合なので、ファンのみなさんにホークスらしい試合を見せられるように頑張ります」と、まずはホームでの残り2試合での健闘を誓った。

藤浦一都 / Kazuto Fujiura

最終更新:9/19(木) 22:40
Full-Count

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事