ここから本文です

米マクダーモット、再建助言でアリックスパートナーズ起用-関係者

9/19(木) 7:13配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 米エンジニアリング会社マクダーモット・インターナショナルは、戦略と業務執行の助言を得るため企業再生専門の米コンサルティング会社アリックスパートナーズを起用した。事情に詳しい関係者1人が明らかにした。エネルギー・インフラストラクチャーを専門とするマクダーモットはバランスシートの強化を目指している。

18日の米株式市場でマクダーモットの株価は一時76%安となった。値動きが激しく、売買は少なくとも5回停止された。社債価格は額面1ドル当たり37セントと、30セント余り下落。債券価格システムのトレースによれば、米高利回り債市場で最も活発に取引された銘柄となった。

これを受け、キャメロンLNGプロジェクトの合弁パートナーである千代田化工建設の株価が19日の取引で売り圧力にさらされる可能性がある。

マクダーモットは「機会を検討するため社外のアドバイザーを定期的に起用している」と発表資料でコメントした。同社の広報担当者にコメントを求めたが返答はない。アリックスパートナーズの起用については米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が先に報じた。

マクダーモットは2014-16年の石油相場下落で新規受注が減り、キャッシュフローが圧迫されている。18年に米建設会社シカゴ・ブリッジ・アンド・アイアン(CB&I)を買収し債務負担が時価総額の14倍に相当する約43億ドル(約4660億円)に膨らんだことで厳しさが増した。

数週間前にはデービッド・ディクソン最高経営責任者(CEO)が投資家に対し、一部の大型プロジェクトの遅れで19年は予想よりも厳しくなる見通しだと語っていた。

原題:McDermott Is Said to Hire AlixPartners for Turnaround Advice (2); Japan’s Chiyoda May Drop After McDermott Woes Tank Shares(抜粋)

(c)2019 Bloomberg L.P.

Allison McNeely, David Wethe

最終更新:9/19(木) 7:13
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事