ここから本文です

三菱航空機、モントリオールに拠点開設へ スペースジェット開発強化

9/20(金) 10:53配信

Aviation Wire

 三菱スペースジェット(旧MRJ)を開発する三菱航空機は現地時間9月19日(日本時間20日)、カナダのケベック州モントリオールに海外拠点「SpaceJet Montreal Center(スペースジェット・モントリオール・センター)」を開設する計画を発表した。2020年半ばの初号機納入に向け、型式証明の取得体制を強化する。

 三菱航空機の海外拠点は、グループ会社である米国三菱航空機が、今年5月に米国新本社を米ワシントン州レントンに開設したことに続くもの。6月には、ボンバルディアからリージョナルジェット機「CRJ」の事業を取得する契約を結んだ。

 モントリオールはCRJのサービス・サポートネットワーク拠点のひとつがあるところで、型式証明の取得や運航開始に特化した100以上の雇用を計画している。

 ケベック州はカナダの民間航空発祥の地で、三菱航空機はオフィスBoisbriand エリアに開設する。ジャン・ダヴィッド・スコット氏が代表に就任する。

Tadayuki YOSHIKAWA

最終更新:9/20(金) 10:53
Aviation Wire

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事