ここから本文です

欅坂46、平手友梨奈完全復帰の東京ドームでさらなる前進を約束 「私たちに期待していてください」

9/20(金) 1:45配信

エキサイトミュージック

欅坂46による東京ドームワンマンライブが、9月18日、19日の2日間にわたって開催された。

このワンマンライブは、全国4都市で開催された『夏の全国アリーナツアー2019』全公演完売を受けて追加公演として行われたもの。デビュー4年目で挑んだ大舞台で彼女たちは、ドームならではの仕掛けやこれまでの集大成とも言える熱のこもったパフォーマンスで集まった10万人の観客を楽しませた。

使われなくなったジェットコースターの破片やいくつもの車が無造作に積まれたメインステージに最初に登場したのは、怪我のためツアーへの参加は一部楽曲のみとなっていた平手友梨奈。歓声が広がると同時に彼女が歩きだすと、道端の電飾に明かりがつきはじめる。一挙一動を見逃すまいと観客が見守る中、平手はステージ上段に置かれたピアノの前へ。彼女が一音を鳴らしたのを合図に「OVERTURE」がドームいっぱいに鳴り響き、5万人の大合唱と共にライブの幕が上がった。

真っ赤な衣装に身を包んだメンバーがステージ上段にゆっくりとせり上がってくると、1曲目「ガラスを割れ!」がスタート。炎が吹きあがる中、グループ屈指のロックチューンで序盤から場内の熱気を急上昇させる。気迫のこもったダンストラックを挟み、レーザービームが飛び交う「語るなら未来を…」をクールに披露したあとは、スクリーンに表示されるさまざまな交通標識とシンクロしたダンストラックのパフォーマンスで観客を引き付けていく。

朝目覚めてから学校や会社へ行き、帰宅するまでのありふれた日常のルーティンをダンスで描き出していた彼女たちだが、時計の針が24時を指すと、メインステージから伸びる花道へと一斉に駆けだした。そのまま十字に広がった花道で「Student Dance」を歌いだすと、場内に怪しげなムードが満ちていく。スクリーンには平手が手にしたスマートフォン越しに見えるステージや客席の様子がリアルタイムで映し出され、花道の中心に設置されたセンターステージではメンバーを包囲するように噴水が高く上がり、楽曲の世界を彩った。

1/4ページ

最終更新:9/20(金) 1:45
エキサイトミュージック

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事