ここから本文です

広瀬すず、半分ピンク髪に!『一度死んでみた』特報&ビジュアル公開

9/20(金) 6:00配信

シネマトゥデイ

 広瀬すずが主演し、吉沢亮、堤真一が出演するコメディー映画『一度死んでみた』の公開日が2020年3月20日に決まったことが発表され、同作の特報映像と第1弾ポスターが公開された。広瀬は髪を半分ピンクに染め、全身デスメタルの衣装に身を包んだ姿を見せている。

【動画】広瀬すず、強烈!『一度死んでみた』特報映像

 本作は、父親の計(堤)のことが大嫌いな反抗期こじらせ女子で、売れないデスメタルバンドでボーカルをしている女子大生・七瀬(広瀬)が主人公の物語。七瀬がバンドのライブで「一度死んでくれ!」と計への不満をシャウトしていたある日、計が突然死んでしまう。しかし、実は計は「2日間だけ死んじゃう薬」を飲んでいて仮死状態にあって……というSF(死んだ・ふり)コメディーだ。広瀬が主演を務める放送中の朝ドラ「なつぞら」(NHK)でも共演した吉沢は、計の部下で存在感のなさすぎる松岡を演じている。

 この度公開された特報映像は、七瀬が父・計の死に「うっそーん」と戸惑う様子から始まる。広瀬ふんする七瀬はハイキックや人差し指を上に突き出した“デスポーズ”を披露し、「今死んだらぶっ殺すわよ!」という強烈な言葉を絶叫している。堤が熱演する計の変人ぶりも印象的で、顔が隠れるほどの長い前髪とメガネ姿の吉沢も見逃せない。

 ソフトバンク「ホワイト家族」シリーズなどを手がけつつ、『ジャッジ!』『犬と私の10の約束』といった映画の脚本も生み出してきたCMプランナー/クリエイティブ・ディレクターの澤本嘉光が脚本を担当。au「三太郎」シリーズなどのヒットCMを演出してきた浜崎慎治が映画初監督を務めている。(編集部・海江田宗)

最終更新:9/20(金) 6:00
シネマトゥデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事