ここから本文です

【詳細レビュー】「Apple Watch Series5」使って感じて考えた“買い換え”判断

9/20(金) 8:10配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

9月20日、アップルは「iPhone 11」とともに、Apple Watchの最新モデル「Series 5」を発売する。

【全画像をみる】【詳細レビュー】「Apple Watch Series5」使って感じて考えた“買い換え”判断

Series 5(シリーズ5)は、スマートウォッチの弱点だった「消費電力を抑えるために盤面が消える」という弱点を解消した「常時表示Retinaディスプレイ」を採用した。そのことは、Apple Watchの使い方にどんな変化を与えたのか。実機をつけて生活して、考えてみた。

5世代かけて「成熟」したApple Watchだが……?

Apple Watchに代表されるスマートウォッチは、時計として今の時間がわかるのはもちろんだが、他の国の時間や現在の気温、次の予定、着信したメッセージと、様々な情報を、スマホを取り出すことなくさっと確認できる。そして、歩数や走った距離、消費カロリーなどをある程度正確に把握できる。

こうした「基本的な価値」については、シリーズ5でも変化はない。Apple Watchの登場から5年、その間にこの製品は「時計から情報を得ることの価値」を磨いてきた。

だが、シリーズ5とそれ以前とでは、Apple Watchを使っている時の感覚が大きく異なる。なぜなら、シリーズ5からは「ディスプレイが常時点灯」するようになったからだ。

このことは、Apple Watchの使い方を大きく変えると、実機を前に改めて感じる。

「消費電力を抑える表示」で常時点灯を実現

具体的にどのような動作になるのか?

Apple Watch Series 5で採用されたディスプレイでは、ディスプレイの表示状況を細かくコントロールし、「表示しつつも消費電力は低い」という状況を用意できるようになった。

写真の左は通常時、下は低消費電力時のものだ。一番極端でわかりやすい表示にしたが、全体が暗くなり、文字が縁だけになっている。

もうひとつ例を。こちらでは白地だった表示が黒地になり、よく見ると秒針が消えている。この消費電力を抑えた表示では、1秒に1回しか画面を書き換えない。そのため、秒より細かい単位の表示は意味が無く、表示がなくなるのだ。

いままでなら「消灯」していたタイミングで「消費電力を下げた表示」に切り換えることで、表示を消すことなく、全体の消費電力を下げているわけだ。

Apple Watchのディスプレイは、斜めから見ても非常に視認性が高いので、消費電力を下げたモードになっていても時間を読み取ることは十分にできる。他の数字も同様だ。

アップルらしい工夫もある。常時表示できるということは、他人に文字盤画面を見られる可能性も増えるということだ。スケジュールやメッセージ、自分が文字盤に設定している家族の写真に心拍数など、Apple Watchで表示できる「他人に見せたくない情報」はけっこう多い。

そうしたものは設定によって、「自分が時計を見る動作をした時以外表示しない」こともできる。これは忘れずに「オン」にしておいた方がいいだろう。

1/3ページ

最終更新:9/22(日) 13:41
BUSINESS INSIDER JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事