ここから本文です

松井愛莉、篠原哲雄監督作で映画初主演! 八木将康、「ボイメン」水野勝、橋本マナミら共演

9/20(金) 6:00配信

映画.com

 [映画.com ニュース] モデルで女優の松井愛莉が、セラピストを目指す女性の成長を描く「癒しのこころみ 自分を好きになる方法」で映画初主演を果たしていることがわかった。「花戦さ」「影踏み」の篠原哲雄監督がメガホンをとり、「劇団EXILE」の八木将康、「BOYS AND MEN」の水野勝、秋沢健太朗、橋本マナミ、藤原紀香が共演する。

【フォトギャラリー】「癒しのこころみ 自分を好きになる方法」写真はこちら

 物語の主人公は、新卒で広告代理店へ入社した一之瀬里奈。仕事がうまくいかず、毎日のように残業する忙しい日々を送っていたが、心身ともに疲れ果て、勢いで会社を辞めてしまった。ある日、里奈は転職フェアで出会ったカリスマセラピストのカレンがきっかけで、セラピストの道を歩むことに。やがて、戦力外通告を受けた元プロ野球選手の碓氷隼人を担当し、彼を野球選手として復活させるべく奮闘する。

 ファッション誌「Ray」の専属モデルを務め、「フォルトゥナの瞳」「どすこい!すけひら」など女優としても活躍する松井。篠原監督は松井が里奈役に決まると、それまでのキャラクター像が“松井愛莉が最も輝く主人公”となるよう、大幅に変更を加えたという。松井はユニークな脚本づくりに感謝を伝え、「この映画で描かれている、『人を癒したいという思いが自身を成長させてゆく物語』を、人生やお仕事で悩んでいる方々にご覧いただいて、自分を好きになる方法のヒントにしていただけたら嬉しいです」とアピールした。

 トラウマを抱える碓氷役の八木は、名門・駒澤大学附属苫小牧高校野球部で甲子園に出場し、ニューヨーク・ヤンキースの田中将大選手の後輩に当たるという経歴の持ち主。その経験と運動神経を生かし、野球シーンに挑んでいる。碓氷の友人で、元野球選手の上坂浩司に扮した水野は、「本物の野球選手たちに大勢協力してもらうほど、篠原監督のこだわりが反映された野球シーンも見どころだと思います」と語る。さらに、秋沢は里奈が務めるリラクゼーションスタジオの先輩・西野大輔、橋本はもう1人の頼れる先輩セラピスト・伊藤さやか、藤原は里奈が憧れる鈴木カレンを演じ、脇を固めた。

 「癒しのこころみ 自分を好きになる方法」は、2020年の夏に公開。

最終更新:9/20(金) 6:00
映画.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事