ここから本文です

原因追求型のフィードバックをされると、気がめいる

9/20(金) 7:00配信

@IT

 何かしらの問題が起こって、部下や同僚にネガティブなフィードバックをしなければならないことがあります。

【フィードバック解説図4枚+イラスト】

 例えば部下が作ってきた報告書の品質があまり良くないとき。「この報告書の書き方は良くないよ」「○○を、□□に書き換えてくれる?」のように問題点を指摘し、改善するよう促すことがあるでしょう。

 けれども、ストレートに指摘し過ぎると相手のやる気を削いでしまいますし、人間関係も悪くなりかねません。指摘される方も嫌なものです。ネガティブなフィードバックが続くと、気持ちがめいってしまいます。だからといって、人間関係の悪化を恐れて指摘しなければ、問題点は改善されないままです。

 する側も、される側も嫌な気持ちを抱きやすいネガティブなフィードバック、どのように実行すればいいのでしょうか。

 「楽しくはたらく」をテーマにお送りしている本連載。今回のお題は、「問題点の指摘とフィードバック」です。

 フィードバックといえば、エアコンの温度調整のように、目標値と現在の値を比較して、出力を調整する「フィードバック制御」があります。これを基に、フィードバックの本質をエンジニア視点で考えてみましょう。

そもそも、フィードバックとは?

 ところで「フィードバック」という言葉、そもそもどんな意味があるのでしょうか?

 辞書で調べてみました。

1 ある機構で、結果を原因側に戻すことで原因側を調節すること。電気回路では出力による入力の自動調整機能、生体では代謝、内分泌の自己調節機能など。2 物事への反応や結果をみて、改良、調整を加えること。3 顧客や視聴者など製品、サービスの利用者からの反応、意見、評価。また、そうした情報を関係者に伝えること。「現場からのフィードバックを設計に反映させる」「アンケートの結果を担当部門にフィードバックする」出典:フィードバック(goo辞書)

 辞書にもあるように、「フィードバック」は、出力が目的の状態になるように、結果を原因側に戻すことで、原因側を調整するために行われます。エアコンの温度調整など、電子制御では、よく、このような図が用いられますよね。

 エアコンのフィードバック制御は、設定した温度(目標値)と実際の室温(出力値)を比較します。もし、温度に差があれば、室温が設定温度(目標値)になるように調整します。

 つまり、「結果を理想に近づける」ために行われるのが、本来のフィードバックです。

1/3ページ

最終更新:9/20(金) 7:00
@IT

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事