ここから本文です

元「オアシス」リアム・ギャラガー 波乱に満ちた人生を追うドキュメンタリー、20年公開

9/20(金) 8:00配信

映画.com

 [映画.com ニュース] イギリスのロックシーンをけん引してきた伝説のバンド「オアシス」の元メンバー、リアム・ギャラガーに迫るドキュメンタリー映画「リアム・ギャラガー アズ・イット・ワズ(原題)」が、2020年に公開されることがわかった。

 1991年に結成され、94年のファーストアルバム「ディフィニトリー・メイビー」発売以来、英ロックバンドのトップを走り続けてきた「オアシス」。しかし、ボーカルのリアムと、バンドメンバーである実兄・ノエルの確執が表面化し、2009年にノエルが脱退する。「オアシス」の実質的な解散状態を経て、リアムは自身がフロントマンを務めるバンド「ビーディ・アイ」を立ち上げるが、14年に解散。それから3年の時を経て、ソロ名義で音楽活動をスタートさせる。再起を賭けたアルバム「As You Were アズ・ユー・ワー」は全英アルバムチャートで1位に輝き、30万枚以上の売上を記録。同アルバムはプラチナディスクとなり、全世界に“完全復活”を印象づけた。

 オアシスの成功、破天荒でスキャンダラスな行動へのメディアからのバッシング、兄との不仲とバンド解散、失意、そして復活--。波乱に満ちたギャラガーの人生を克明に映し出す本作では、ドキュメンタリー映画を数多く手掛けるギャビン・フィッツジェラルドと、10年以上にわたりギャラガーを撮影してきたチャーリー・ライトニングがメガホンをとる。

 「リアム・ギャラガー アズ・イット・ワズ(原題)」は、20年に公開。なお、ギャラガーのセカンドアルバム「Why Me? Why Not. ホワイ・ミー? ホワイ・ノット」は、本日20日から発売される。

最終更新:9/20(金) 13:32
映画.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事