ここから本文です

谷口徹は3打差独走で週末へ 倉本昌弘が5位タイ

9/20(金) 17:23配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇国内シニアメジャー◇日本シニアオープン 2日目(20日)◇日高CC東西C(埼玉県)◇7019yd(パー72)

【画像】美しいキャディ

6アンダーから出た谷口徹が5バーディ、3ボギーの「70」で回り、通算8アンダーにスコアを伸ばした。単独首位のまま決勝ラウンドに進出。2週連続優勝がかかる2位のタワン・ウィラチャン(タイ)には3打差をつけた。

午前6時54分と早いティオフ直後から谷口はエンジンをふかした。PWでの第2打をピンそば1mにつけた出だし10番から2連続バーディ。後半1番までに2ボギーで後退しながら、終盤に2つスコアを伸ばした。「きょうは良いスタートでもっと行けるかと思ったけれど、モタモタした。でもそういう(難しい)コースで、ドッグレッグも多い。アンダーパーまで戻せて良かった」とリードをひろげるスコアメークに及第点をつけた。

傾斜の強いエリアに切られたカップに四苦八苦しつつ、「きょうはロング(パー5)で初めて良いパットが打てた」と強気のパッティングにも手ごたえがある。「渋野日向子ちゃんに負けないくらい…いや、昔は僕の方が、負けないくらい打っていた。負けるのは大山志保ちゃんくらいだった」。空模様が気になる週末に向けて好調をキープしたい。

トップから4打差の通算4アンダー3位タイに地元・日高市出身の清水洋一と田村尚之。2アンダー5位タイに日本プロゴルフ協会(PGA)会長の倉本昌弘ら3人がつけた。青木功以来の大会4連覇を狙うプラヤド・マークセン(タイ)は4オーバー39位タイと低迷が続いている。

【上位陣の成績】
1/-8/谷口徹
2/-5/T.ウィラチャン
3/-4/清水洋一、田村尚之
5T/-2/倉本昌弘、崎山武志、G.マイヤー
8/-1/ソク・ジョンユル
9T/0/B.レーン、鈴木亨、山添昌良、水巻善典

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事